« 泡茶師への道 Part3 | Main | 泡茶師への道 Part5 »

May 24, 2005

泡茶師への道 Part4

そして、とうとうやってきました当日。セグロ嫁はチャイナ服(・・・って言ってもスリットとか入ってるセクシー系ではありません)に身を包み、髪の毛を束ねて、いざ出陣。宿泊先のホテルからタクシーで会場まで赴きました。受付5分前、しかしもう10名くらいの生徒が到着しており、筆記試験に備えて勉強しているではありませんか。これにはド緊張(汗)筆記試験は50分で50問の問題を解かなくてはならないんですが、範囲が幅広いのなんの。中国茶の種類や分類、形状、発酵度合、生産地はもちろんのこと、中国茶に関する書物、詩、書画、歴史・・・まで。ありとあらえるジャンルの問題が中国語で出題されるのです。これは日本人にとってはハンデですよね?しかし中国茶の本(概論)も読みきったし、過去問にも穴が開くほど目を通したし、わたくし「いっちょやってやろうじゃんかっ」という意気込みで臨みました、ハイ。

さて、問題はいかに?ぬうー(これって美味しい時の海原雄山?!)最初から迷わせる問題にヒヤリ。4択の中から選択するんですが、答えは1つとは限らないので、消去法やあてずっぽう作戦は使えないわけです。こ、こしゃくな・・・。動揺しながらもなんとか体勢を建て直し、終了。しかし自信がない問題を数えると、なんと15問ほど・・・70点で合格なんで、15問間違うとアウトじゃない。きゃー、これはどっちに転ぶか、わかりませぬぞ。しかしまあなんとか時間中には終われてやれやれといったところ。

そうこうしていると、実技テストの抽選会が始まりました。受験者28名(なにを隠そう最大28名しか受けられないんです、このテスト。え、どうしてかですって?4人の審査員は受験者の淹れたお茶、すべてを飲んで審査しなければならず、これ以上だと身体が持たないんですね、きっと)はくじ引きによって何時開始か決められるのです。テストは4人一組。私の引いた数は「5」。この数字は、わたしが第2組目だということを意味していました。第2組は午後2時スタート。「27」とか引かなくてよかったよ、ほっ。もしそんなんだったら夜8時スタートになっちまう・・・少し早めではありますが、セグロ嫁、まずます満足。ここからは実技試験に備えて最後の復習開始です。30種類以上ある出題範囲のお茶の特性(何度で淹れるべきか?茶器の何分の1くらい茶葉を入れるか?抽出時間は何分か?)をチェックするという静かな戦いが始まりました。セグロ嫁、実技の練習不足がどうでるのか?

第1組のテストがいよいよスタートしました。トップバッター4名さんは緊張を隠しきれません。ギャラリー50名くらいも彼らの一挙一動を見逃さず見つめています。ぬうー(再び)・・・この状況、どうするセグロ嫁?!負けるなセグロ嫁?!(つづく・Youmei)

|

« 泡茶師への道 Part3 | Main | 泡茶師への道 Part5 »

Comments

なんか想像以上に厳しいじゃないですか~。筆記もさることながら、実技の緊張感が読んでるだけでも漂ってきます。
続き楽しみにしてます!

Posted by: Mayumita | May 25, 2005 at 10:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63053/4265220

Listed below are links to weblogs that reference 泡茶師への道 Part4:

« 泡茶師への道 Part3 | Main | 泡茶師への道 Part5 »