« August 2005 | Main | October 2005 »

September 19, 2005

・・・海の色~♪美しすぎるとコワくなる~♪

みなさん、セグロは明日から旅に出て参ります。えっ!一体いずこへ?ヒントはタイトルに書いている歌詞にありまする。30代以上の方はわかっていただけるでしょうか?
「南に向いてる窓を開け~♪・・・・女は海~♪wind is blowing from Aegean~♪」(by ジュディ・オング)
Aegean・・・エーゲアン・・・エーゲ海・・・バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!
サブタイトルは「エーゲ海に捧ぐ」ってことで、ギリシア(特にエーゲ海方面)に行ってきます。
青い海に白い建物・・・昔なんかの雑誌で見てから行きたかったんですよね。もちろんアテネの古代遺跡も要チェック。世界遺産も見てきますよ。

明日はカタール航空でドーハ経由で向かいます。「ドーハの悲劇」のあのドーハ。放送局アルジャジーラのある、あのドーハ・・・帰りに入国してみようっと。初めてのカタール航空にもワクワクです。また帰ってきましたら、報告しますね。ではしばし、HP&ブログの更新ができません。また30日以降にお会いしましょうね。(Youmei)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 16, 2005

トラベルバトン 最終回

トラベルバトンの最終回、行きます!!
Q9:今までの旅の中で一番おいしかったものは?
・アラスカ、シェラトンホテルで食べたサーモンの寿司。
アンカレッジシェラトンの寿司バーで、アラスカネタづくしの寿司をいただきました。日本人のマスターが旬のネタで作ってくれる握りはまさに絶品!!サーモンにも何種類もあって、それぞれ味が微妙に異なるんです。こだわりの漬け(ズケ)もウマーい(喜)ほんとにここでしか食べられない究極のお寿司でした。(滞在中2回行っちゃった)

・トルコで食べたトルコ料理
さすが、世界三大料理のトルコ料理。トルコで食べたゴハンはすべて美味しくて大満足だったのですが、イスタンブールのレストラン「ブハラ」の「イスケンデル・ケバブ」が忘れられません。羊のケバブにヨーグルトソースが絡み合い、絶妙なハーモニー・・・夢中で平らげました。トルコ料理万歳!!ほんと、トルコ料理のためにトルコに行ってもいいくらい(笑)

《珍品シリーズ》
・チュニジアで食べた‘羊の頭の丸焼き’
例の「あいのり」ガイドさんに連れられて、ある料理店へ。ガイドさんの狙いはズバリ、羊の脳みそ!!チュニジアではご馳走らしいんですよ。真っ二つに割られた羊頭の姿焼きがグロテスクに横たわっていました。しかーし、ここまで来て食べないわけにはいかぬ。果敢にも挑むセグロ夫婦、そして完食(脳みそは半分ガイドさんに分けてあげました)・・・「日本人のお客さんでこれ食べた人は初めてですよ」と言われました。気になるお味は・・・フグの白子かな?食べた後、体調を崩してしまったセグロ嫁でした。

・ケニアで食べた‘ワイルドなミート’
ケニアのレストランで、ワニ、シマウマ、インパラなどのバーベキューをいただきました。お味は・・・っていうか、肉、硬い。。。結論、やっぱり牛・豚・鶏がウマいですね。

・北京で食べた‘宮廷料理’
せっかくだからと食べた宮廷料理。運ばれてきた料理に、ぎょっ。だって、材料が・・・カメに、ラクダの足に、ゾウの鼻・・・中国人の飽くなき食への追求に脱帽です。ラクダはラクダだよっていう香りが口に広がりました・・・。また北京ダック屋さんでは、ちっちゃいサソリの唐揚も食べました。

Q10:ズバリ!あなたにとって「旅」とは!?
‘非日常を体験する’瞬間です。新たなものを見て、触れて、食べてみて・・・そして感動する。いつまでも、そういう感覚を忘れたくない・・・だからこそ、旅を続けていきたいと思います。

楽しんでいただけましたか?
こうやって書くことで旅の記憶を整理できたように思います。
やってよかった~。
バトンはひよこぱぐさんに託したいと思いまーす。
ご愛読ありがとうございました!!
(これにておしまい・Youmei)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2005

トラベルバトン Part4

トラベルバトン、どうぞ♪
Q7:今までで一番大変だった旅のアクシデントは?
《輝くナンバーワン》台湾国内旅行(墾丁)でのこと。
3年前、台湾南端のリゾート地、墾丁(ケンティン)に行ったときのことです。到着してすぐ、シュノーケリング&バナナボートを申し込み、ゴキゲンに遊ぶセグロ夫婦。不幸がわたしを襲ったのは、バナナボートで水上を疾走していた時でした。あれってわざと転覆させるじゃないですか?すっごいスピードで海面に打ちつけられた私は・・・な、なんと左腕を複雑骨折したのであります。しかも2箇所も・・・すぐ近くの病院に運ばれて、変形した腕を麻酔もなしに元に戻されました。ぎゃあー。。。手術が必要ということで、そのまま日本帰国・・・とほほ。日本の病院で入院してる時、総回診の先生方が「この人はバナナボート骨折です」ってひそひそ言っておられたのが、なんとも恥ずかしかったです(笑)バナナボートで骨折ってなんかカッコよくないですね。いまは完全復活です。

《2位》アラスカのカトマイ国立公園で。
ヒグマの生息地として有名なカトマイ国立公園のロッジで、体長3mはあろうかというヒグマのおしり(後ろ姿)に鉢合わせしました。もちろんクマさん狙いでここに来ていたわけですが、ロッジ(敷地内)でクマさんに出会ったのは衝撃・・・このロッジはクマさんの環境を損なわないように、塀を設けていないのです。あー、たまげた・・・。その時、どうしたかですって?ゆっくりゆっくり後ずさり。距離がとれたら、一目散に逃げ出しました。これ、正しい方法なんですよ。なんてたってこのカトマイで講習を受けましたから。

《その他》
・エジプト・・・ 砂嵐で国内の飛行場すべてがクローズ。結局バス&電車でアブシンベル-ルクソール間を移動しました。
・チュニジア・・・ 東洋人の個人観光客が少ないため、怪しまれ、スパイ扱いされました。(空港で尋問受ける?!)
・タンザニア・・・ タンザニアを出国する際、2人とも体調が悪くグロッキーに。わかだんなはアルーシャ(タンザニアの都市)でヘロヘロ。セグロ嫁はバンコクの空港で食べた寿司にあたり、帰台後、じんましんに襲われました。(点滴打たれました・・・)

Q8:一緒に旅をして一番楽しい相手は?
もちろん、セグロわかだんなです♪
旅行先でも感動を共有しやすいっていうか、ほぼ同じもの(遺跡やら、自然やら)に興味がありますし、食べ物の趣味も似ていますしね。それからわたしにはない周到さ・綿密さを持ってくれています。彼が居るから安心して秘境に出かけられるんです。感謝!!

(つづく・Youmei)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 12, 2005

トラベルバトン Part3

引き続き、トラベルバトンをお楽しみください。
Q5:国内外問わず行ってみたい場所はどこ?
うーん、これは沢山ありますね~。
ではめっちゃ行きたいところベスト10(順不同)

ヨルダンのペトラ遺跡
シリアのパルミラ遺跡               →遺跡系
イランのペルセポリス・イスファハン
インドネシアのボロブドゥール

ブラジルのイグアス・フォールズ       
ボリビアのウユニ塩湖               →大自然系
中国の九塞溝
トルコのカッパドキア・パムッカレ

アラスカのジュノー(ホエール・ウォッチング)  →動物系
ケニアのサンブル保護区
番外編・・・南極(時間とお金がゆるせば・・・)

Q6:あなたの旅の3種の神器は?
①一眼レフ(ミノルタα7)・・・こいつは必携。旅の大切な思い出を切り取ってくれる、わたしの相棒です。
②小型カセットレコーダー・・・旅の記録に使います。旅の行程、遺跡の説明、料理の名前・・・メモする時間がない時もしばしば。そこでセグロわかだんなはこの方法を編み出しました。内容を吹き込んでおけば、あとで旅行記を書く時、とっても重宝します。
③ようかん(一口サイズ)・・・胃の調子が悪くてゴハンが食べられない時、朝食を食べる時間がない時、すごく疲れて糖分が必要な時、小腹がすいた時・・・に。すばやくエネルギーチャージ。やさしい甘さも◎です。

こんな3種の神器、どうでしょう?(つづく・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2005

トラベルバトン Part2

トラベルバトンの続きをお送りしますね~♪

Q3:今まで旅した海外のベストプレイス、トップ3はどこですか?
これは難題・・・・ぬう・・・。
タンザニア(ケニア含む)
ペルー
チュニジア
すべてダンナと2人で行きました。

Q4:それぞれの良さをひとこと
①目的はサファリ。東アフリカには動物保護区(サファリパークのような類ではありません)があり、野生動物たちの生命のドラマを垣間見れます。彼らの一生懸命生きる姿に素直に感動しました。人生観が変わるほど感銘を受けたと言っても過言ではありません。強く、優しく、美しい・・・アフリカの大地の前では人間なんてちっぽけな存在・・・日頃のささいな葛藤も煩悩もすべて吹き飛ばしてくれる、そんな不思議な力が確かに存在していました。

②どうしてもこの目で「マチュピチュ遺跡」を見たくて、ペルー行きを決意しました。リマでは治安の悪さに慄き、クスコでは高山病に怯えました。しかし、クスコから電車に揺られて3時間、そこからバス・・・天空にそびえる「マチュピチュ遺跡」をようやく目にした時、ただ感無量でした。いつまでもそこにたたずんでいたかった・・・。遺跡を離れる際、フォルクローレ(民族音楽)を耳にし、涙がとめどなく溢れてきました。そんな経験は後にも先にもここだけです。4人乗りセスナに乗り込み「ナスカの地上絵」を上空から見たのも楽しかったです。

③日本では馴染みがないですが、魅力が凝縮した国です。それはこの国の歴史的背景によります。「カルタゴ遺跡」では古代カルタゴの興亡を想い、「エルジェムのコロッセオ」「ドゥッガ」では古代ローマの盛衰に浸りました。アラビア(イスラム教)とヨーロッパ(フランス植民地でした)の文化が見事に融合したチュニジア。まるで地の果てのような「サハラ砂漠」に沈む夕日に酔うもよし、チュニジアンブルーの街「シディ・ブ・サイド」でその美しさに感嘆するもよし・・・。こんなに様々な表情を見せてくれる国は初めてです。

《あと一歩でトップ3入り》
・南アフリカ・ジンバブエ(ビクトリアフォールズ)
・エジプト(古代遺跡)
ほんとに選ぶのに困りました・・・(つづく・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

トラベルバトン♪

HP&ブログをリンクさせていただいてるAzusaさんから、トラベルバトンなるものをバトンタッチされました♪Azusaさんはエチオピア・ボリビア・バヌアツ・・・など制覇されてる秘境の達人。そのAzusaさんからのご依頼に、「やらいでかっ!!」わたくし、やる気で臨みまする・・・。ではお楽しみくださーい。(Azusaさんからのご指名、光栄でっす!!)

《トラベルバトンの内容》
Q1:今まで旅した国内のベストプレイス、トップ3はどこですか?
Q2:それぞれの良さをひとこと
Q3:今まで旅した海外のベストプレイス、トップ3はどこですか?
Q4:それぞれの良さをひとこと
Q5:国内外問わず行ってみたい場所はどこ?
Q6:あなたの旅の3種の神器は?
Q7:今までで一番大変だった旅のアクシデントは?
Q8:一緒に旅をして一番楽しい相手は?
Q9:今までの旅の中で一番おいしかったものは?
Q10:ズバリ!あなたにとって「旅」とは!?

では開始。
Q1:今まで旅した国内のベストプレイス、トップ3はどこですか?
①北海道(網走)・・・98年冬、ダンナと2人で。
②沖縄(石垣島・竹富島・西表島)・・・99年夏、ダンナと2人で。
③北海道(知床)・・・14年前(?!)学生時代、友達5人と
             北海道一周ビンボー旅行で。

Q2:それぞれの良さをひとこと
①刑務所狙いではありませんよ(笑)冬に流氷を見に行きました。バリバリと氷を割りながら進んでいく流氷船、迫力~。流氷って薄っすら青い色をしてるんですよ。とっても神秘的で、(水面下にはクリオネさんも居るかと想像するとなお、神秘的!!)寒さも忘れて甲板でずっと見とれてました。(体感温度ははマイナス20度くらいですかね)その年はラッキーにも流氷のあたり年だったんです。接岸してきた流氷もありました。(上にのぼっちゃった)ノロッコランドではスノーモービルに乗ったり、白鳥さんが沢山居る湖にも行ったり、冬ならではの楽しみを満喫しました!!

②石垣島ではシュノーケリングをしたんですが、さんご礁がすばらしかったですね。クマノミさんやちっちゃなブルーのお魚をたくさん発見しました。竹富島では水牛の牛車にて遠浅の海を隣島まで渡ったり、西表島ではマングローブが生い茂る仲間川をボートで上流へ上っていったりしました。郷土料理も美味しかったなあ。本島も含めてですが、沖縄の時間ってゆったり流れてる気がして、とても好きなんです。

③北海道一周旅行をした時に、知床まで足を伸ばしました。もちろん知床五湖にも行きましたが、私たちのメインテーマはじゃじゃーん「カムイワッカの滝」。滝っていうか川の中を下流から上流に向けて歩いていくんです。岩がゴツゴツしてるし、途中から急になっていくし、滑りやすい・・・上りにくいよ~、いったい何が私たちをそこまで突き動かすのか?それは・・・上流の滝壺が温泉になっているんです。30分くらい上り続け、ようやく到着。困難な場所であるだけに、辿り着いた時は感動もひとしお。熊出没の看板を見ながら入浴しました(笑)

「良さをひとこと」なのに、見どころ紹介になってますね。しかも、長文・・・お許しを。
続きはまた明日以降に~♪(つづく・Youmei)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 09, 2005

台湾で「電車男」を観た

先日、遅ればせながら台湾で「電車男」を観ましたっ!! ヒット作・話題作であれば、台湾でも日本の映画を公開するんですよ、ハイ。(公開日は日本より遅れますが・・・)最近では「いま、会いにいきます」とかもやってましたね。「電車男」は日本での興行成績がすこぶるよかったので、アジアの国々で配給が決まったらしいです。うっほほーい。

わたくしは嬉しかったんですが、はたして台湾人は「電車男」に興味あるのか?・・・ひそかな疑問が湧き上がってきました。それから台湾人はあの系統の笑いについていけるのか?だって、「アキバ系」とか「キボン(希望するという意味らしい)」とか特殊なニュアンスがいっぱいじゃないですか。だから面白いのかなって。そして映画館でわたしが見たものは・・・大爆笑してる台湾人の姿でした。どひゃー、たまげた。日頃よく感じるのは、台湾人と日本人の笑いのツボは明らかに違うということ・・・映画を観てても、ウケどころが違うんです。今回同じなのはなぜだー、なぜなんだっ?「来たっー」っていうところも「来(ライ・中国語で来るっていう意味)」って普通に訳してるだけなのに。とりあえず大盛況でした。

ところで笑いつながりでご紹介しますと、台湾のバラエティーってヘンな効果音続出なんですよ。おばちゃんの笑い声あり(思わず「ドリフの大爆笑」を彷彿)、楽器の音あり(落ちの部分に。ドリフで言えばチャラン・チャラン・チャランみたいな)。内容はやはり日本のお笑いほど高度ではないですね。なんてたって日本のお笑いレベルはかなり高度ですから。日本のお笑い番組観たいよ~。今の笑いのウェーブに乗り遅れるのがコワいセグロ嫁でした。(おしまい・Youmei)

P.S レイザーラモンHGって、なにもの?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 08, 2005

日本に荷物を送ってみた

セグロ夫婦、台湾生活もはや4年目・・・またまたやってきました、海外赴任2年に一回の一時帰国休暇!! 9月に2週間のお休みをいただきます♪(前回は日本からすぐ脱出して、タンザニアへ。今回は?)しかも、それに伴って、上限40kgの荷物を日本に送る費用を会社が負担してくれるんですね~。(ありがたや~)海外生活も長くなると、荷物が増えてしまうもんですし、この制度を利用しない手はないっ。セグロ夫婦、昨日「送るもん会議」を実施、重くないけど、かさばる物に焦点を絞り、台湾で使わない物を箱に詰めていきました。

さて、ここで注意しなければならないのが、上限40kgの壁・・・40kgと漠然と言っても、想像している量とは違うもんなんですよ。「リンリン(うちのワンコ)10匹分だよね~」「オレの体重の3分の2?」さっぱりわかんらんぞっ。結局、体重計をひっぱり出して、量りながら進めました。「あっ~、2kgオーバーや」など言いながら・・・大昔、こういう感じの番組ありませんでしたっけ?ちゃんと、決まられた重さだけ詰めると中の商品をもらえるってやつ。まあ、そんなことはともかく、作業は着々と進み終了しました。ふー。途中、なぜだか「あ、なに、あ、なに、箱の中身はなんですか~♪」と口ずさんだわたくし・・・ダンナが「なんですか~♪」と返してくれてよかったです。(このギャグ、覚えてますか?さんまちゃんの・・・)荷物はうちの実家に送られます。かあちゃん、ごめんよ、またかさばるもん送っちゃった。(おしまい・Youmei)

P.S「なんですかマン」 わかってもらえました?ダンナは「パーでんねん」の時期は、見れなかったそうです。ちょうど受験で、塾通い・・・セグロ嫁はTVっこなので毎週欠かさず。「サラリーマン」も知ってますよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 06, 2005

麻辣火鍋を食べよう!!

みなさん、「麻辣火鍋」なる食べ物をご存知でしょうか?読み方は「まー・らー・ふうぉ・ぐうぉ」。読んで字のごとく辛ーいお鍋のことで、台湾ではとってもポピュラーな存在であります。今日の晩、ダンナのリクエストで久しぶりに食べにいってきましたっ!! 「麻辣火鍋専門店」に行き、オーダー開始。私達は半分赤スープ(辛い)、半分白スープ(辛くない)の鍋をセレクト。なんせ赤スープはハンパじゃなく辛いので、白スープの具を食べながら、舌を中和していく必要があるんですね~。(赤スープだけにする根性はまだちょっと・・・)スープを決めた後は、具をチョイス。今日は牛肉、大腸(テッチャン?)、魚の餃子、キャベツをチョイスしました。仕組みとしてはこのチョイスした具の金額がスープの基本料金に加算されていくって感じです。

前はもっと具を注文してたんですが、セグロ夫婦はふと気付きました。回りの台湾人の方々、あんまり具を頼んでないということに。何故にゆえに? それは基本のスープにありました。スープにはすでに豆腐&豬血(ブタさんの血を固めたもの。食感はぷるぷる?!)が入っていて、台湾人の方はそれを食べては、またおかわりし(おかわり自由)・・・つまり他の具はあんまし食べない=節約・・・だったわけです。それからというもの、セグロもバンバン食べてますよ、豆腐とブタ血・・・。

食べるまでは結構引き気味だったんですが、ブタ血は臭みも変な味もなく、案外平気です。でも聞いた話なんですが、健康診断の前の日は食べてはいけないらしいです、このお鍋。血液検査の数値がぐちゃぐちゃになるってことで・・・やっぱりヤバいのはブタ血ですかい?あとこのお鍋食べた次の日は、お腹ぎゅるぎゅる率が高いですね(実証済)。辛いからか、なんなのか?身体にいいのか、悪いのか?よくわからないお鍋ですが、たまに無性に食べたくなる一品であります。みなさん、台湾に来られたらお試しあれっ!!(但し、ぎゅるぎゅる覚悟で)(おしまい・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2005

さよなら、マンゴー(涙)

さっき、ハーゲンダッツ(マンゴー味♪)を夫婦で食べながらの会話・・・「今年芒果氷(マンゴーかき氷)食べたっけ?」「食べてない・・・」「オレも・・・」沈黙・・・。そっか、今年食べてなかったんだ。改めて思い起こすと、なんか妙に寂しくなってきた、セグロ夫婦・・・ぴゅるぴゅる~(吹き抜ける風)。だって、台湾の夏の風物詩といえば、芒果氷なんですよ(力説)そ、それなのに、不覚であります。

よくよく突き詰めていくと、今年はマンゴー自体そんなに食べていなかった気がしてきました。あったことはあったんです、スーパーに。しかーし今年は異様に高くて・・・。通常なら毎年8月になると、1個10元(35円)くらいになるんですが、今年は一番安くて1個60元くらい(250円)。どうです、この差!! ニュースによると、最近香港や日本で台湾の果物が人気で、大部分を輸出の方に回した結果、国内のマンゴーも高騰したみたいです。

値段が下がるのを待ち続けたせグロ嫁。結局マンゴーの姿はスーパーから消えていきました。(つまり、時期が終わっちゃったのです)なんだよぉ~台湾に住んでる最大のメリット「マンゴー食べ放題」の権利、返せ~(絶叫!!)しかしよく考えてみると、このハーゲンダッツ(中サイズ)は1つ240元(1000円弱)・・・そんなら生のマンゴー、十分買えたじゃないかっ。益々持って、不覚・・・無念・・・「さよなら、マンゴー、また来年の夏に会おう!!」心の中でつぶやくセグロ嫁なのでした。(おしまい・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2005

裏あいのり Part1

台湾でも「あいのり」が見られることは、すでにご紹介済みですね。今日、チュニジア入国の続きが放送されましたよ~。一行は首都チュニスの街歩きを楽しんだり、遊園地に行ったり。また例の我々もお世話になった運転手さん(ヨッホさんではなく、モッホさんでした。失礼しましたっ)のお宅を訪問していました。くそー、モッホさんのお家には伺ってないぞー。(いやいや、セグロの日程はそういうのではなかったので、と一人ツッコミ・・・)

それはそれとして、一行はモッホさんのお家のパーティーにお呼ばれされたんですが、それはモッホさんの1歳にになる息子さんのためのもの。ただのお誕生日パーティーではありませんよ。それはな、なんと「割礼」の儀式だったんです。ぎょっ。でもイスラム教の国ではすんごくポピュラーなことらしく、男の子はみんな経験するらしいのです。あのチョキンっていうやつを。(ぞぉ~)

お医者さんもやってきて、儀式開始。家族、一行が見守る中、「あっ!!」セグロ嫁はついに発見してしまいました。大瀬の後ろに居たR氏(私達がお世話なった日本語ペラペラのスーパーガイドさん)の姿を・・・放送時間でいうと10秒くらいでしょうか?ダンナは見逃しても、あたいは見逃さないのさ・・・やっぱりR氏も一緒だったんだ~(嬉)。また夫婦して盛り上がっちゃいました。この醍醐味、やめられまへんなあ~。また新しい《裏あいのり》を発見したら、お知らせしますね~。(おしまい・Youmei)

| | Comments (531) | TrackBack (0)

September 02, 2005

台風一過?!

昨日のブログでもお伝えしましたとおり、昨日は凄まじい台風が台湾を襲い、そして去っていきました。今日はまさに「台風一過」。いつにない青空が広がっておりまする。(昔、「台風一過」を「台風一家」だと思ってました。すっごい大きな家族のような台風かな・・・って。これってわたしだけ?「そんなヤツおらんやろ?」とかツッコまないでくださいな。《最近関西系コテコテギャグ連発中》)

しかーし台風がもたらしたのは「青空」だけではありません。今日外出してみると、街が様相を変えてました。ド派手な看板(よく香港の街並みとかに写っているでしょ、あのごっついあれ)が道に落ち、屋根は飛び、街路樹は可哀想なくらいバキッと折れているではありませんかっ。もし日本でこの状態なら、由々しき事態のはず?! でも台湾の人々はごく普通に生活されているのです。(この方がタマげた!!)看板が落ちちゃったお店もいつも通り営業。道を行く人々も何もなかったかのように振る舞っておられました。

今日はまあいいですよ。おとついの晩、ディスコで踊ってた若者達。昨日の朝、猛烈な雨風の中、朝ごはんを屋台で食べる人・・・(TVで見ました)こ、根性・・・いや、これが当たり前なのかっ。台湾パワー、ここにありです。大した、タマげた・・・。台湾人のバイタリティーをまた感じてしまったセグロなのでした。(おしまい・Youmei)
P.S 今日、米をゲットしました~。助かったどぉ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2005

「掲示板」を開設しました~♪

パンパカパーン、お知らせがありまーす。本日、HP上に「掲示板」を開設いたしました!! いやー、前からやってみたかったんですよね、掲示板でのやりとり・・・。いいじゃないですか、旅の情報交換も出来ますし、メールに書くほど大したことじゃない、っていうささいなこと、ご感想、どんどん書き込んじゃってください~。HP開始、11ヶ月っていう(中途半端やなあーby ちゃらんぽらん)妙な時期からの開始ではありますが、思い立ったが吉日・・・これからも宜しくご愛顧くださいね。

(追伸)今日台湾は凄いことになってました。な、なんと台風が全島直撃ルートをまっしぐら・・・いつもわりと逸れてくれる台中(我々が住んでいる街)も、例外ではなく、おそらく在住4年間で最も激しい風にさらされたのであります。うちのマンションはわりと頑丈な方だと思うんですが、微かな揺れを何度か体感しました(汗)困ったのは、うっかり米をきらしてしまっていたこと。お昼はお餅をつかったお雑煮を食べました。(何月だ?!)、夜はそうめんチャンプルで切り抜けるつもりです。ははっ、なんだか「黄金伝説」みたい・・・今現在は状況も落ち着きましたので、大丈夫ですよ。明日は米が買えるさ。(おしまい・Youmei)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »