« September 2005 | Main | November 2005 »

October 29, 2005

寿司詰め(?!)エーゲ海クルーズ(後編)

さて、当日。わたしたちは朝6時にホテルを出発しました。メトロに乗ってガタゴト揺られ、まだ薄暗い港に到着したのは7時前。船は7時半出航なので、時間配分はバッチリ。船で食べ物が売ってなかった場合を想定し、一応パンと紅茶を仕入れたのですが、スタンドで食べてから行こうとした矢先、なんだか嫌な予感に襲われたセグロ嫁。『野生の勘』とでもいうのでしょうか?一刻も早く船に向かわないといけない衝動にかられたのです。船はもう目と鼻の先の場所に停泊していました。その名は「ブルースターイサキ」(「ブルーきのさき」を彷彿したのはわたしだけでしょうか・・・関西ローカルネタですいません)。大きな大きなカーフェリーです。なんだか『クルーズ』とは程遠い感じ・・・いやいやそんなはずは・・・自分を奮い立たせながら乗り込みました。

乗り込んで地下部分から、上へ上っていきます。3階部分の客室に到達した時、自分の目を疑いました。沢山の人がすでにイスをぶんどって、芋の子を洗う状態だったのです。イスといってもベランダとかに置く白いプラスチックのやつですよ。しかもここ窓もなくって、エーゲ海なんて見えやしない・・・ぴゅるぴゅる~。気を取り直して4階、甲板部分へ突入。ここで見たもの・・・またもや芋の子を洗う状態。おぉ~わたしのエーゲ海クルーズが・・・なにかが音を立てて崩れていきました。席の確保に翻弄されるセグロ。こんなことなら指定席を取るか、早めに来てたらよかったよ・・・後悔先に立たず。しかーし最後には、西洋人のお姉さんとのイスとりゲームに打ち勝って、イス(もちろん白いヤツ)を確保しましたよん。ここはまさに弱肉強食の世界・・・勝負の世界は非情であります。2等船室の恐ろしさを垣間見ました。一睡も寝られず、そして甲板なもんで、海は見えるけどすこぶる寒~い。なおかつ、寿司詰め状態・・・そんな苦行を経て、5時間後ついにミコノス島に到着したのです。到着時の感動といったら・・・きっと飛行機だったら味わえなかったでしょうね。今となってはとってもいい思い出であります(ほんとかっ!!)(おしまい・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2005

寿司詰め(?!)エーゲ海クールズ(前編)

今日からギリシア3部作をお届けしますね。まずは第一弾からスタート。
ギリシアというと、みなさん何を彷彿なさいますか?青い空に青い海、そしてそれに映える白い建物・・・そんな連想をされますよね?きっと。セグロももれなくそういう連想をし、アテネだけではなく、離島(ミコノス・サントリーニ)にも足を伸ばすことを決めました。やっぱり見てみたい青い海・・・女は海~♪(まだ引っ張るか?!)

セグロ家では旅行前にルート作りなどについての会議が持たれるのですが(メンバー2人でね)その時の議題の中にこんな項目が・・・アテネから島まではどうやって移動するのか。選択肢は2つなり。飛行機or船。飛行機だとサクッと1時間以内で行けてよいのですが、なにぶんお高い。その反面、船は5時間くらいかかる。うんー、悩みどころ。しかし、よく考えてみると、エーゲ海と言えば、あなた、クルーズじゃあ~りませんか?ここは5時間かかっても船にしようぜ!! せっかくだから風情を楽しもうではないかっ!! それにちょっと言ってみたい気もする『エーゲ海をクルーズしてきましたのよ・・・ほほほっ』って・・・(なんでざーます口調なのか?)『クルーズ』おぉ~何という甘美な響き・・・すっかり浮かれたセグロは張り切って船のチケットを押さえたのでありました。この時はそれが寿司詰めクルーズの始まりだとは知りもせずに・・・(つづく・Youmei)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 21, 2005

日本へ旅行に行く人々(後編)

さてさて、わたくしがかねてから抱いていた密やかな疑問があります。それを台湾人の友達にぶつけてみました。「日本へ旅行に行ったら何をお土産に持って帰るの?」そんな疑問をお持ちになったことはありませんか?だって、台湾だったら、中国茶やカラスミ、ヒスイや中華テイストの小物・・・何かとあるじゃないですか?じゃあ日本の代表的なお土産っていったいなんなのさ?私の友達は答えました。「お菓子でしょ、それから和風の小物・・・自分用には電化製品、たとえばデジカメとか。でも家族や友達には、えーっとえーっと・・・」ほらほら言葉に詰まってるよ、お菓子以外に無いんだ、日本のお土産・・・ってそう思った瞬間でした。彼女が「あっ、ハンカチ!!」って答えたのは。

ぎょ、ハ・ン・カ・チ・・・えっ、あのかつて「ハンケチ」と呼ばれてたあのハンカチですか?! あんなの世界共通の物ではないのかい?でもそう言えば、台湾の女性がハンカチを使っているのを見たことがないかもしれない・・・沸々と湧き上がってきた疑問。またわたしは尋ねました。「トイレでは乾燥機やお手拭ペーパーが置いてるけど、汗かいた時は何で拭くの?」「ティッシュです」ぎょ、またまた絶句。そっかー、ティッシュか・・・でもあれって強く擦ると顔に張り付いちゃうんのよね~。(かつて張り付いているのに気がつかなかった苦い経験あり)友達はこう続けました。「日本のトイレで女の人が口にハンカチをくわえながら、手を洗うのにビックリしました」おぉ~、納得。文化の違いって恐るべしですよね(笑)翌日、台中のデパートに行ったわたしはやっと気付きました。ハンカチ売り場が存在しないことに。代わりに申し訳程度な‘日本から輸入したハンカチコーナー’(10枚程度)を発見。やっぱり台湾人にとって、ハンカチ(特にブランドロゴ入り)っていうのは日本の物なのね~。そう思った今日この頃です。どうりでお土産にするわけだ。これにて、日本土産、並びに日本旅行の考察を終わりにします♪(おしまい・Youmei)

| | Comments (41) | TrackBack (1)

October 19, 2005

日本へ旅行に行く人々(前編)

みなさん、年間沢山の台湾の方が日本へ旅行に来られているのをご存知ですか?日本人が台湾や香港に行くように、台湾人にとって、日本は近くて馴染みやすい海外なんです♪台湾の方はみな口を揃えておっしゃいます。「日本は清潔だからいいね~」「日本の食べ物は美味しいね~(台湾の中華もかなりウマイですが・・・と軽くツッコミ)」「日本は都会でスゴイね~」・・・特に東京は大都会っていうイメージで、日本人がニューヨークやロンドンに抱くような憧れをお持ちみたいです。「日本の若者はオシャレ」っていう意見も多数。物価は高くとも原宿、新宿で服を買いたい若者も多く、アジアのファッションリーダーですぞ、やるじゃないかっ、日本!!(ニクイ、ニクイ)日本の女の子はキレイっていう意見もよく聞きまする。ぐふふ。(もう女の子じゃないってか?!)

でも、なぜ本家本元、ザ・大都会のニューヨークに行かずに東京に行くのか?もちろん近いっていうのはポイントですが、ここで必ず出てくる答え。「アメリカは怖いけど、日本は安全だから・・・」台湾人にとって、日本の治安はすこぶる良いという概念があるよう。(ほんとか?!)キレイで安全な、でも物価は高すぎる国、日本。これが海外から見た日本のイメージ・・・ちなみに東京はTDLがあることでも人気。東京以外では、北海道は人気です。台湾にはない気候帯を持ち、大自然を感じられるからでしょう。(台湾にはあんなに広大な原野はないですしね・・・台湾の人口密度は確か世界2位?!)あと、『雪』、『桜』という言葉にはかなり敏感。どちらも台湾にはないものなので、絶対見て見たいという方が多いのであります。なんだか台湾で日本の良さを再確認しました♪(つづく・Youmei)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 16, 2005

リンリン、秋バージョン♪

台湾でもようやく秋の気配を感じるようになり、朝晩は楽に過ごせるようになりました。(10月中旬なのにまだ半袖で過ごしてますが・・・笑)うちのワンコ、リンリンちゃんのお御髪(みぐし)・・・っていうか「毛」もだいぶ伸びて、よりポメラニアンらしく、女の子らしくなりましたよん♪じゃあ、夏はどうだったのか・・・ですって?台湾の夏はものすごく暑い上に、我が家は堅実な家庭であります(言い換えると、かなりシブい)ので、クーラーは極力つけないということもあり、リンリンちゃんには「サマーカット~」になっていただいてました。えへ。ポメラニアンっていう犬種はその毛並みがすごく魅力的なのは重々承知ではありますが、暑がるリンリンを見るのも忍びなく、スッキリ、バッサリとやってもらいました。・・・その結果、夏のリンリンは変身してしまいました。その名も『角刈りリンリン~』ア~レ~(笑)。

初めてサマーカットになったリンリンが、美容院からウチに戻ってきた時、ダンナが発した一言。「な、なんかゴルゴ13みたい・・・」わたくし、絶句・・・・「えーでもクリクリして可愛いよ。ゴルゴちゃうやん(違うよの意)」でもダンナも引きません。「んー、じゃあさあー、香田晋に似てない?」なぬー、そんなわけないやんってリンリンを見てみたら、なんと、香田晋そっくりではありませんか!!見れば見るほど香田晋(?!)思わず唄ってしまいました・・・「もみもみ~♪」って(笑)ごめんよ~、リンリン。女の子なのに角刈りなんかにしちゃって。でも夏だけだから許して~。やっと秋がやってきて、ホッとするセグロ嫁。これからは思う存分、ポメラニア~ンの長毛を謳歌しておくれ。リンリン、秋バージョンここに登場であります。(おしまい・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

ヨン様パワー健在?!

ソウルで一番驚いたこと、そ、それはヨン様グッズでございました(笑)そりゃこんなに人気がお有りなんだからグッズも売ってるわいな、と思っておりましたが、こんなに至るところで売ってるなんて。免税店、土産物屋、夜店・・・もう街中、ヨン様旋風が吹き荒れておりましたよ。タラ・ラララン~♪(BGMは冬ソナでお願いします)そしてターゲットは間違いなく日本人・・・それを確信したのは免税店で売ってるカレンダーを見た時でございます。そこには日本の祭日が印刷されているではありませんか!!『海の日???』・・・バ、バーン(衝撃の音)!!なにかい、ヨン様カレンダーは日本人しか買わないのかい?予想は見事に的中。そ、そうなんです、このヨン様特設会場のお客さんはみんな日本人だったのです。

しかーも、驚かされるのはその価格。タオル(ヨン様の写真が印刷)が確か20数米ドル、クリアファイルが1枚、10米ドルくらい(汗)こんなに高いとファンでも手が出ないでしょう・・・いえいえ、嬉しそうに沢山のグッズを抱えた人を何人も目撃しました。韓国の日本人駐在員に言わせると、ブームはだいぶ引いてきたそうですが、ヨン様パワーはまだまだ健在でございますぞ。

夜店のヨン様グッズは面白いモノがいっぱいでした(笑)ヨン様化粧ポーチ、バック・・・一番笑えたのは『ヨン様靴下(?!)』です。ヨン様の図案が靴下に印刷されているのですが、これはかなり衝撃。ヨン様を履いちゃってもいいのか?それともこれでいつでもヨン様と一緒♪なのか?賛否両論はあるでしょうが、日本にはこんなに人気のスターは居ないですよね。(キムタク靴下も無いし・・・)結論・・・ヨン様、アナタはほんとに偉大であります!!思わず敬礼してしまうセグロ嫁なのでした。(おしまい・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2005

満腹ソウル♪

10日、ソウルから戻りました。初めてのソウルだったわけですが、はてさてその感想は?「食べ物ウマーいぞ~」(窓に向かって叫びたい)、ほんとその一言に尽きます。2泊3日というスケジュールですので、食べ尽くしたなんてことは言えませんが、代表的なものを食べてきましたので、ここにスケジュール共々記載してみます♪

8日 PM2:30~明洞のホテルに到着-PM3:00~明洞でお買い物(革ジャケット、眼鏡、ロッテ免税店を冷やかす)-PM7:00~明洞の焼肉店で夕食(カルビ、ユッケ、サムギョプサル、冷麺、ビビンバ)-PM10:00~あかすり&マッサージ(超スペシャルなお姫様コース)深夜ホテルに戻る。

9日 AM9:00~明洞でソルロンタン(牛肉スープ)の朝食-AM10:00~南大門にてお買い物(海苔、あかすりタオル)-PM2:00~新沙まで行き、カンジャンケジャン(生蟹の醤油漬け)に舌鼓(ケジャン、蟹味噌ビビンバ)-PM4:00~東大門にてお買い物(洋服)-PM8:00~明洞でサムゲタン(鶏まるごと一匹スープ)の夕食(サムゲタン、海鮮チヂミ)就寝。

10日 AM5:50~空港に向けて出発・・・朝食も食べたかったのですが、朝早すぎて致し方なし。無念でござる・・・

以上でございます。チョイスしたお店もなかなかグーで、みなさん(スポンサー様も)満腹満足♪私的にはケジャン、蟹味噌ビビンバ、サムゲタン(順不同)がベスト3でしょうか。ケジャンの何ともいえない甘さよ~、蟹味噌ビビンバのウニ丼をもっと上品にした(?!)味わいよ~、サムゲタンのコクのある濃厚なスープよ~、待ってておくれ~。きっとまた行くからね~。そう誓ったセグロ嫁・・・セグロ嫁の韓国部長ミッションはここに無事終了致しました♪(おしまい・Youmei)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2005

ソウルに行ってきます!!

日本は明日から3連休ですよね?実は台湾もなんです。ふふふ。そこでいきなりですが、セグロ夫婦はソウルに行って参ります!! 初めてなんですよね、韓国♪では今回なぜ韓国なのか?それはヨ、ヨン様の大ファンだからなのであります。・・・わ、私じゃありませんよ。我がスポンサー様が。(台北のプチセレブ体験の巻は読んでいただけましたか?あのスポンサー様です)今回はご一緒するもんで、きっと喜んでくださるだろうっていうことで韓国に決まりました。日本からも台湾からも近いですし、大変便利♪

短い日程なもんで、観光っていう観光は無理だと思うんですね。そこで、セグロは‘食’に的を絞り、韓国料理を食べまくりたいと思います。(トルコ、ギリシア旅行以来、食に目覚めたセグロ嫁)でも美味しそうなものが多すぎて、くらくら・・・なんで胃袋は1つなんだろう?(いや、いっぱいあったらそりゃ牛やないかいっ・・・ていうツッコミ入りそう)まあ、とにかくガンバリマッス。韓国部長(ガイド役)の任務を仰せつかったセグロ嫁。(なぜか嫁・・・食に対する執着から任命されました)きっちり任務を遂行できるのでしょうか?みなさま、暖かく見守っていてください。また来週月曜以降にお会いしましょう。ではよい週末を~。P.S 明日は5時出発です。くっー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 06, 2005

中国語カンバック~!!

またご無沙汰しちゃいましたね。・・・というのも旅行から帰ってそうそう、この月曜日から語学スクールの授業に復帰いたしまして、忙しかったのです。家事は溜まってるし、毎日学校行って、授業の予習に追われて・・・。実は2週間前から学校はスタートしていることもあって、なかなかクラスメイトの速度に追いつけなーいのであります。しょぼん・・・しかも、ここしばらく中国語に触れていない生活を送っていたもので、(ギリシアでは出来ないながらも英語でモノを考えていました)会話の折、中国語の単語がとっさに出てこないときたもんだ。これは由々しき問題。。。

しかーも、聞いてくださいっ。当然授業で扱う教科書は決められていたんですが、一時間目は実際に新聞に載ってるコラム(有名小説家執筆)を読む、日本で言うなれば村上春樹が書いたコラムとか、そういう感じですか。二時間目は近代短編小説を読む、日本で言うなれば夏目漱石とか川端康成とかの小説なんですよね。難しいー。もう正直アップアップです。わからない単語多いゾー、しかも辞書にも載ってないのもあるゾー、窓に向かって叫びそうなセグロ嫁・・・もう脳みそが溶け出しそうです。。。

でもやるっきゃないっ!!(古かったですか?)ですよね?とりあえず頑張ってみます。なのでブログの更新が停滞してもお許しくだされ~。わたしの中国語力よ~、カンバック・プリーズ(遠い目)・・・っていうか、急に学力上がらないかな~。上がんないよなあ~。(おしまい・Youmei)

P.S またギリシアのエピソード3部作をブログでご紹介しますね。旅行記はセグロわかだんなが執筆中。請うご期待!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2005

ギリシアから帰りました♪

しばしの間、ご無沙汰しておりました。ペコ。昨日の深夜、無事に台湾に戻りました♪

さて、今回のギリシアのハイライトはといいますと・・・やっぱり海が美しすぎてコワくなりました。アテネからエーゲ海の島(ミコノス、サントリーニ)に渡ったんですが、まさに紺碧の海!! エーゲ海は透明度が高く、そして深いので、こんなに青く見えるそうなんですが、ほんと吸い込まれそうでした。ああ、白い建物と青い海・・・憧れのギリシアの風景がそこに確かに存在しておりました。一泊だけすんごく奮発して(セグロ的には清水の舞台から飛び降りちゃうくらい)絶好のロケーションのホテルを予約したのですが、これが大正解。目の前に広がるエーゲ海やギリシア一美しいといわれる夕日を独り占め気分で眺めました。こういう世界もあるんだなと、しばしのセレブ気分を満喫♪(1泊だけだったのがちょっと悲しい・・・)ジュディの歌も絶好調に飛び出す、飛び出す(笑)

海だけではありません。もちろん遺跡もチェックしましたよ。パルテノン神殿をはじめとする古代ギリシア遺跡、ローマ遺跡を観て回り、ギリシア料理も最後は飽きるくらい食べまくり・・・帰りのトランジットではカタール(ドーハ)にも入国して、ほんとに満喫して帰ってきました。大小さまざまなアクシデントにも見舞われもしましたが、そこは個人旅行の宿命・・・笑って済ませましょう。また旅行記にておいおい細かくご報告しますね。

そして今、台湾は・・・台風が目の前にまで迫っております。たぶん明日直撃でしょうか(汗)今日は食料を買い込んで、溜まりに溜まった洗濯物と格闘して一日が過ぎ去っていきました。あー、エーゲ海の休日、カンバック~。(おしまい・Youmei)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »