« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

台湾での大晦日

みなさん、大晦日どのようにお過ごしですか?2005年も残すところわずかですね~。セグロにとってこの2005年は飛躍(自分で書くと、なんかこっぱずかしいですが)の年でした。その1.動物写真集を日本で発売した。その2.動物写真展を台湾で開催した。その3.泡茶師の試験に挑戦した。(落ちちゃいましたが。いやいや挑戦することに意義があるはず!)・・・ってな具合に、いろんなチャンスに恵まれた年でした。はてさて、来年はどんな年になるんでしょうかね~。

われわれはもちろん台湾で年越しです。台湾は旧正月を重視するんで、この新年の年越しはあんまし重要ではないんですよね。だからお休みもこの週末のみ。2日から会社、学校が始まります。師走ムードなんてまるでゼロ(笑)我が家ではせめて年末ムードを盛り上げようと、コタツに入って、ミカンを食べるはずだったんですが、ミカン高くって買えませんでした。だって6個2000円なんですよ!日本からの輸入ミカン高すぎるよ~、ぐすん。いいよ、イチゴ食べるから。・・・そんな感じであります。一応NHKワールドは見られますので、紅白をつけて気分を盛り上げております。さっき、サブちゃんの歌聞きました。いつ見てもハラハラしますね~、紙ふぶきが鼻に入らないかどうか(笑)この猛烈な紙ふぶきの場面を見たら、年末ムードが盛り上がってきました♪

みなさん、今年一年、ご愛顧ありがとうございました。来年も面白、ビックリ、台湾ネタをお届けしますので、引き続き、ご愛読のほど宜しくお願いします。では、よいお年を~♪(Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
2位まで手が届いたのですが、現在は3位どまり。お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 30, 2005

泡茶師への道 完結編

『泡茶師(パオ・チャ-・シ-)』の資格取得に立ち上がった、ある日本人の奮闘記録、いよいよ最終章です。(これだけは今年中に完結させようと思いました!)初めて読む方はカテゴリー「台湾で中国茶」からどうぞ♪

さて結果はいかに??? 結果は貼り出し形式、何人かの結果が一気に発表されます。第一の関門、筆記は?70点以上で合格なんですが、セグロ嫁、72点で無事突破いたしました。ギリギリなところが気になりますが・・・(汗)沢山の台湾人が落ちていらっしゃったことを考えると、まずまずの結果でございましょう。もう一回教科書を暗記するのは絶対イヤだ~(叫んでる・・・)ほんとよかったです♪

緊張の結末、第二関門の実技は?4人の審査員がそれぞれのお茶を評価します。3種類のお茶を淹れてるので、4×3=12ポイント中何点取れるかで決定するのですが、合格ラインは10ポイント。かなり厳しいですよね?2ポイントしか落としたらダメだなんて。まず1人目の審査員は、○○○(3ポイントGET)。2人目は、○○○(またもや3ポイントGET)。3人目は○××(おぉ~これは手厳しい・・・痛恨の1ポイント)4人目は、、、○○×(2ポイント)・・・という評価をいただきました。残念~合計9ポイント。あぁ~落ちちゃったよ~。1ポイントの差に泣く結果になりました。とほほ。やっぱ清茶の「お茶こぼし事件」が影響したのでしょうか。きえ~(ショックから奇声を発してる)ショックはショック。でも物は考えようです。9ポイント取れたことがまぐれであって、これは自分の持てる力の最高の結果かもしれません。徐々に頑張った自分を褒めてあげようって気持ちになりました。テストは来年もまた受けられます(しかも筆記は向こう2年間免除)また頑張ればよいのです。セグロ嫁の泡茶師への挑戦はこうして幕を閉じました。また来年も果敢に立ち向かうことでしょう。みなさん長らくのご愛読ありがとうございました♪

(エピローグ)今日、泡茶師を一緒に受けた台湾人の先輩(彼女も落ちちゃいました。3回受けてダメだったので、来年はもう受けないそうです)に偶然出会い、お話しました。今年受けた生徒さん(落ちた人)の中で外国に引っ越した方がいらっしゃるみたいなんですよね。来年試験を受けるためだけにまた戻ってこられるそうですよ、フランスやオーストラリアから(汗)こりゃ私も頑張らないといけませんね。またがんばるゾ(ここに完結。Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
2位まで手が届いたのですが、現在は3位どまり。お気に召しましたらポチっとお願いします


| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 29, 2005

つがって10年記念♪

今年もだいぶ終わりに近づいてきましたね。今年は我々セグロ夫婦がつがって10年、節目の年なのでした。我が家では付き合って何年という表現はあまり使いません。いつも「つがう」という言葉を使います。「つがって何年だったっけ?」みたいに。みなさん「つがう」って何のこと?って思われることでしょう?そう、鳥とか動物とか「つがいになる」っていうあの動詞を用いているんですよ、ハイ(笑)ペアになる、カップルになる、コンビを組む(これはニュアンスが違うか・・・)そういう意味をこめて・・・なので結婚してからという意味ではなく、付き合い始めて10年なんです。もう10年かあ~(遠い目)でも基本的にあの頃(恥ずかしながらコンパで知り合いました)とな~んにも変わっちゃいないんですよね♪

さて、その「つがって10年記念」をどうお祝いするか?話し合いの結果、豪華な日本料理を食べに行くことにしました。いつもは渋~いセグロ家、外食といえばもっぱら中華料理。台湾では中華の方が安く上がるので、自然と中華へ足が向くんです。が、記念日ばかりはドド~ンと日本料亭(風?)のところに行きました。しかも注文したのは日本料理のフルコース!うに、ふぐ、トロ、タラバガニ一匹(?!)スゴイ素材のオンパレードです。台湾ではこんなの絶対に食べられないと思い込んでました。お金を出せば食べるんですよね~、こういうの。「世の中、やっぱり銭(ゼニ)やなあ~」なんていやらしいことを言いながらスゴイ量のお料理を残さず完食。でも、そんなことを言いつつもお互いわかってるんです、1人で食べても美味しくないってこと。こうやってあ~だこ~だ言いながら、2人で食べるから美味しいんですよね♪記念日これにて無事終了。結婚記念日10周年のことは、もうダンナに確約してます。「スイート・テン・ダイヤモンドはいらないから、もう一回ザルツブルグ(ここで結婚式を挙げました)に連れてっておくれ」って。名づけて『スイート・テン・ザルツブルグ(?!)』みなさん、スイート・テン・ザルツブルグまで暖かく見守ってくださいね~。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
2位まで手が届いたのですが、現在は3位どまり。お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2005

漢方薬講座

今回はセグロわかだんな(久々登場!)の漢方薬講座をお届けします。ちょっと専門的な話題、しかもわたくし、セグロ嫁とはタッチが違いますが、どうぞお付き合いのほどを♪

風邪の初期症状が出てきたので、医者にかかることにした。台湾の医者には、西洋医学と東洋医学(中医)とがある。西洋医学の医者に行くと、いつも決まって5~6種類も薬を出されてしまい、却って体に悪いのではないかと思う。そんな訳で今回は東洋医学で治してみることにした。診察のあと、百種類以上はあろうかという中から、こんなブレンドの漢方薬が処方された。
・銀翹散 6.0g ・葛根湯 2.0g ・平胃酸 2.5g ・その他もろもろ6種類 0.1~1.0g

今回もらったのはどんな薬なのだろう?ネット上でぐぐってみたところ、
・銀翹散 痰を生じない喉の痛さに効果が高いが、日本には余りない。
今回の症状そのものなので、まずは一安心。しかし日本に余りないとは意外なことだ。では日本でもよく処方される葛根湯はどんな薬なんだろうか。
・葛根湯 風邪をひきかけの時のみ絶大な効果。但しタイミングを逃すと全く効かない。病院などで処方されることが多いが、だいたい手遅れ。あらら...日本の漢方薬が効かないのって、そのせい?ところで「平胃酸」は日本語HPの検索では見当たらなかった。さすが台湾は東洋医学の本場である。

さてこの漢方、飲み始めて2日で症状は軽くなった。よく効くものだ。しかし油断大敵、遅くまで接待に行った翌日、症状がまた悪化。今度は喉や鼻が痒く、鼻水もひどい。再び中医へ行ったところ、今度は前回とは全く違う薬をブレンドしてくれた。
・杏蘇散 8.0g ・その他もろもろ6種類 1.0~1.5g
今度もらった薬も、日本では余り知られていない漢方薬のようだったが、よく効いてくれた。飲み始めて2日目にかなり症状が改善し、3日目には全くおさまった。
自然治癒力で治ったのかもしれないが、西洋の薬を飲んでも同じくらいの時間はかかるのだから、どうせ同じ期間飲むなら漢方のほう良いのではないか。東洋医学、恐るべしである。(おしまい・セグロわかだんな)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
2位まで手が届いたのですが、現在は3位どまり。お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 27, 2005

有り得ないシリーズ その2

今日は日頃見過ごしてしましそうな、些細な有り得ないネタをご紹介していきたいと思いまーす。まず、この間バスに乗ってたら、『ガッチャマン』の歌が流れてました。もちろん日本語、あのアニメの歌。しかもご丁寧に3番まで(笑)どうして台湾のバスのBGMがガッチャマンなのか?耳にした時、思わず吹き出してしまいました。有り得ない~。

その2。今日のバスでの出来事。(バスはなかなかドラマチック♪)台湾人って結構ベストが好きなんですよ。ベストというかチョッキというか袖なしというか・・・よく着ておられます。今日発見しちゃいました、物凄いベストを着てるおばちゃんを。おばちゃんのベストは豹柄だったのですが、これが普通の豹柄と流せる代物ではないんですよ。よく大金持ちの家とかの床に虎とか豹とかの毛皮のじゅうたん(剥製?)がひいてますよね?あのじゅうたんをそのまま身にまとったようなデザインだったんです。(狩人も真っ青!)まさに豹の中の豹!あんなに激しい豹柄は初めてお目にかかりました。あの柄は有り得ない~。それをさらっと着こなすワイルドなおばちゃんも有り得ない~(笑)

その3。最近よく目にするのですが、信号の電池切れ。しかも大通りですよ、いいのか?! 日本で電池切れって見たことあります?そんなの切れる前に定期的に交換するんもんじゃないんですか?しかも次の日見たらまだ切れたままだったんです。え~?!(驚)これって誰かが切れてますよ~って申告してから交換するんでしょうか?これも有り得な~い。
以上、有り得ない3部作でした♪あっ、さっき12月下旬なのに、蚊を発見しました。有り得ない~(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげ様で3位をキープ中。お気に召しましたらポチっとお願いします


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

今年の年賀状

海外に住んでると年賀状ってどうするの?って思われる方も多いのではないでしょうか?まったく出さない派と絶対出す派が存在すると思うんですよね。セグロ家は後者であります。結婚してからいうもの、ずっと写真入りの年賀状を作成し続けてきましたもんで、台湾に来てもそれは続けていこうではないかっ!と。結婚して何年も経つ夫婦がツーショットの写真を使い続けることに照れはないのか、というツッコミが入りそうですが、セグロは限界まで挑戦し続けますよ(決意)今まで使った写真は大体が海外で撮ったものなんです。ザルツブルグ挙式写真(お姫さま抱っこの写真を使った・・・あはは)に始まり、万里の長城、マチュピチュ遺跡、ピラミッド・・・さまざまなロケーションの写真を年賀状に使ってきたものでございます。

では今年はどこの写真を使うのか?セグロ夫婦は論議の結果、台湾独自の写真を使うことにしました。なぜなら台湾生活も来年には終止符を打つのではないか?という懸念もあり、ここはドドーンと台湾で撮った『変身写真』を使おうと決めたのであります(笑)みなさん、台湾の変身写真をご存知ですか?とにかく変身しちゃう、この代物。(詳しくは以前のブログ『セグロ、変身写真を撮る』シリーズからどうぞ♪)そして使った写真は、真っ赤なチャイナドレスに身を包んだわたしと中国・書生風のダンナ・・・ダンナはともかく、わたしは誰だかわかんないほどに変身しちゃってます(笑)もらった人、一目でわたしと気付いてくれるだろうか?いや~これってやっぱり別人(マダムヤンな感じ・古かったですか?)だよなあ~。密やかな不安はありますが、クリスマスカード兼用なので、もうとっくに投函しちゃってて、もうお手元に届く頃でしょうね。毎年セグロから年賀状もらう方々~、今年はちょっとはじけてまーす♪(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげ様で3位をキープ中。お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2005

韓国祭りでクリスマス?!

メリークリスマスです!みなさん、クリスマスを楽しんでいらっしゃいますか?セグロ夫婦は昨日あるパーティーにお呼ばれされて行って参りました。どんなパーティーか?それはあるゴージャスな韓国人マダムが主催するパーティー(社交界?)だったんです。100人くらいのお客さんを招き、また台中在住の上流韓国人が集うというその会合・・・なぜセグロ夫婦がお招きを受けたのか?疑問に思われる方も多いことでしょう。答えは簡単。マダムの正体はわたしのクラスメート(韓国人)のおばさんにあたる人・・・なもんでお言葉に甘えてご招待を受けちゃいました。

ちょうど一週間前のこと、授業中にクラスメートが言いました。「うちのおばさんはパーティー用にもう韓国料理を準備し始めてます」「えっ~今から?しかも全部自分で準備するの?」「そう。あとは韓国人の奥さんたちがお手伝いしてくれるの」・・・どひゃ~だって100人分の料理を自分達だけで用意するんですよ。木・金曜日は韓国人奥さんチームが集まって彼女のおばさん(マダム)を手伝ってお料理・・・韓国人社会でのマダムの地位がいかに堅固なものか垣間見たような気がしました。

そして当日、少し緊張気味に会場に到着すると、もうこれでもか、というくらいにご馳走が並んでいました。韓国の家庭料理はすべてが出揃っていたらしいんです(驚)キムチはもちろん、プルコギ、チヂミ、伝統料理。高級チーズにフォワグラに・・・もうありとあらゆるお料理の美味しさに舌鼓。セグロ夫婦、こことぞばかりに食べる食べる(笑)マダムもとても親切にして下さって、また帰りには沢山のお土産をいただいて大満足でした。思うんですが、韓国人の方々ってすごくおもてなし好きな人々だと思うんですよ。そういうのってとても素敵。そして国は違ってもこうやって交流できるってなんだかいいですよね~。あぁ~幸せなクリスマスだな~、しみじみ思ったセグロ嫁なのでした。(おしまい・Youmei)
P.S 今日のお昼はいただいた春雨っぽい麺を、夜はプルコギ&チヂミでディナーです。キムチも沢山いただいたし。うふふ。韓国祭りだ~。

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
今日もおかげ様で3位です。お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2005

サンタ帽あちこち出現!

確か去年のブログ「台湾のクリスマス」にも書いたと思うんですが、台湾のクリスマスって絶対サンタ帽率が高いと思うんですよ。どういう意味かというと、クリスマスに近づけば近づくほど、サンタ帽をかぶっている人の人口が増えていくということです。映画館のスタッフさんもかぶってた・・・セブンイレブンのお姉さんもかぶってた・・・近くの日系スーパーのレジの人も全員かぶってた・・・そ、そして・・・バスの運転手さんもかぶってた(笑)これにはウケました。日本ってそんなにみんながかぶってましたっけ?そりゃ、クリスマス当日にケーキを売ってる人とかはかぶっているかもしれませんが、少なくともバスの運転手さんはかぶらないですよね(笑)

またサンタ帽が沢山売ってるんですよ。昨日大型スーパーで発見したのですが、サンタ帽、一番安いものは15元(50円)から出てました。こんなに安く売っているからみんなが買ってかぶるのか?はたまた需要が高いから安く売るのか?疑問はつきません。(ちなみにサンタルックの服、沢山売ってました。大人用から子供用まで♪)

台湾人は日本人より明らかにノリがいい人種だと思います。その点は少し欧米人の似ているとでもいいましょうか。だから結構お祭り気分でかぶっちゃうんだと思います。去年と同様に、うちのマンションのスタッフも当日はみんなサンタルックなんでしょうかね~?そういう姿を見た時って、どういうリアクションで返すのがベストなんでしょう?今年もまだわからないわたくしなのでした(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
今日はおかげ様で3位になりました!お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 21, 2005

台湾で「東京タワー」を観た

昨日映画館で黒木瞳さん、V6岡田くん主演の「東京タワー」を観てきました。台湾でも邦画(人気作品なら)は観られますが、台湾って日本に比べて公開期間が短いんですよね。なのでぼやぼやしていると見逃してしまいますので、観たい映画は早めにね♪・・・これが鉄則です。(キングコングも公開してま~す。また観に行こうっと)

平日の昼間に行ったので、お客さんはまばらでした。わたしが思うに客層はほとんど主婦(あくまで見た目の話。しかもおばちゃん多し?!)だったようにような気が・・・さすが『年下の美青年との恋』がテーマの映画だけあります!あはは。見てない方も大勢いらっしゃると思いますので、内容は敢えて書きませんが、これまた若い大学生と不倫する人妻を演じていた寺島しのぶさんの演技がなかなかクレイジーでした。(かなりぶっこわれ系)あと寺島しのぶさんのダンナさんを演じていた、雨あがりの宮迫さんも嫌な感じの夫を好演?! 岡田くん側(相手は黒木さん)の恋愛はほんとに切ないラブストーリーなんですが、寺島さん側(相手は嵐の松本潤くん)の恋愛はコメディー要素あり、ホラー要素あり。この2組の対比・・・なかなか深~い映画でしたね。

台湾人はどう思ってこの映画を観ておられたものか?前にも書いたかもしれませんが、恋愛に関して、日本、韓国、台湾を比べるとすると、日本が一番開放的だと考えられているようです。(実際そうかも)2位は台湾。3位は韓国。最近ヨン様主演の不倫がテーマの映画とかありましたよね?しかし韓国では女性の不倫なんて論外。つい最近は少し出てきたかな(韓国人のクラスメート曰く)って感じらしいですよ。台湾人のおばちゃん方は「日本はスゴイわね~」とか思われながら観ておられたんでしょうか?日本ってそんなに開放的なんでしょうかね?(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
昨日はおかげ様で3位になりました。ただいま5位です。お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2005

泡茶師への道 Part8

これはどんな中国茶でも美味しく淹れられるという『泡茶師(パオ・チャ-・シ-)』の資格取得に立ち上がった、ある日本人の奮闘記録であります。初めて読む方はカテゴリー「台湾で中国茶」から入って、Part1からお楽しみください。

二つ目のお題「鉄観音」をミスってしまったわたくしは焦りを隠しきれません。頭の後ろに汗が垂れていくのを感じながら(まるで丸ちゃん・・・)最後のお題に突入します。最後のお題は「清茶」をわりと普通の茶器で淹れる・・・です。「清茶」というのは台湾にしかない烏龍茶、別名・文山包種茶のこと。台湾ではわりとポピュラーですし、茶器も普通。何も恐れることはないのさ・・・自分に言い聞かせて臨みます。作業は順調に進みました。色の出方も良し、香りもなかなか良し・・・これは完璧かも。ほほほっ。もうここまで来てしまったらギャラリーの視線もなんのその、わたくしは女優よ~とまではいきませんが、わりと余裕で茶杯に注ぎ終わり、いざ審査員に配る段階に至りました。

いよいよ佳境に突入か~!そんな矢先、大惨事が勃発しました。忘れもしません。4人いらっしゃる審査員の3人目の方に配る時、お盆に残っていた茶杯がぐらつき、倒れていったのです。ア~レ~。その時は映像はまるでスローモーションのようでした。あ~こぼれていくよ~。覆水盆に帰らず(ウマかったですか?)動揺しながらもこぼれていない茶杯を4人目の方に差し出しましたが、3人目・4人目の審査員はこの失態をしっかりご覧になったのでした。なんでだーなんでなんだー、自分に腹が立ちましたがもう後の祭り。ではなぜ茶杯は倒れてしまったのか?検証した結果はこうです。このお題の茶杯に付いてた茶托、めちゃくちゃ安定悪い・・・です。これは練習の段階で気付くべきでした。そうしたらもっと気をつけたでしょうに。わたしのバカバカ・・・後片付けをとっとと済ませ、グループ中、一番の速さで試験を終えました。時間配分は問題ありません。退場するわたし。へなへな~。力が抜けていくのを感じました。はたして結果は?次回最終章、お楽しみに~♪(つづく・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
なんだか3位にも近づいてきましたよ♪お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2005

断腸の思い?!

それはそれは、おとついの出来事。朝起きると同時にお腹が痛くなり、そしてそれはどんどん酷くなっていき・・・ついには七転八倒、のた打ち回るほど痛くなってきたんですよ。学校へ行く時間になっても、治まるどころか悪化する一方。ガマンできないほどの激痛。「うん~こういうのがほんとの断腸の思いってヤツよね?」薄れいく意識の中で私は考えたものです。それからこんなコトも・・・「昔の武士ってスゴイなあ。ミスったら自分で切腹(=断腸)だもんなあ。やっぱり自分では切れないよ~」考える余裕がまだあるやんっていうツッコミが入りそうですが(汗)・・・『断腸の思い』この言葉の深みを改めて感じました。(ちょっと意味が違いますか?・笑)それからは・・・正露丸を飲んで、のた打ち回らない程度までになりました。さすがジャパニーズ・正露丸!

午後からはおとなしく病院へ。家の近所にある腕利きだと評判の小児科(大人も見てくれます)に初めて行ってきました。家から徒歩5分。(この距離以上のところへ行くのは不可能な痛さ)腕利きのお医者さんだけあって、3時からの診察、3時にはもう5人並んでました。私は6番目。外の待合室で待っていると早々と中の診察室に呼ばれました。なんで?答えは簡単。診察室の中にまた待合のイスがあって待つ仕組みなのです。診察してもらってる人のすぐ前に、順番待ちの人が待っている・・・なんだこの状況?プライバシーゼロ?! 病状聞かれちゃうじゃないかっ!まあ以前外科でもこういう経験があったのですが・・・台湾、恐るべし。診察結果は急性胃腸炎だそうです。「もし明日もまだ痛かったら来てください。盲腸かもしれませんから・・・」サクっと釘をさされ、ドッキリでしたが、結局大丈夫でした。ふー、よかったぜ。エライ目に会ったセグロ嫁なのでした。(おしまい・Youmei)
P.S 外科・台湾で手術編はまたUPしますね。

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
4位になったのもつかの間、また5位へ。お気に召しましたらポチっとお願いします


| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 14, 2005

有り得ないシリーズ その1

今日いつものようにバスに乗っていたら、あるおばちゃん2人づれを目撃しました。台湾のおばちゃん特有の大仏さん(ぐりぐり)パーマに、足元はこんなに寒いのサンダル(しかも素足ときたもんだっ!)・・・一見何の変哲もない台湾のおばちゃんでしたが、ただいつもと違っていることは、その手に提げてるモノ。私の目はそれに思わず釘付けに。だって大きなバケツを提げておられたのですが、その中にはうごめく物体の姿が?! どじょう?ウナギ?もしくはヘビ?うねうねと動く物体がバケツ一杯にひしめき、うごめいていたのです。キャー。(バケツはスケルトンだったんですね~。結構スプラッタな映像)申し訳程度にフタがされていましたが、どう考えてもすぐに吹っ飛んでしまいそうな代物・・・

そのバケツをえっちらおっちら運びつつ、後ろの席からドアに向かうおばちゃん。フタが飛んでいきやしないか?バスが揺れた拍子におばちゃんがつまづかないだろうか?今、あれがこぼれたらさぞかし大惨事になるだろうな、このバス。などと想像しては慄いていたのですが、おばちゃん方は無事に降りていかれました。あぁ~よかった。しかし中身はなんだったのか?何のためにどこに持っていったのか?(少なくても釣り帰りではなさそうでした)未だに謎であります。まあこぼれなかったのでヨシとしましょう。でもあんなうねうねした物体を沢山持ってバスに乗るって有り得ないですよね?でも考えてみると台湾では結構有り得ないコトが起こりうるのです。これを機会に「有り得ないシリーズ」を創設することにしました。また何か有り得ない~と思うことが起こった時、お知らせしますね。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
なんだか4位にも手が届きそうな勢い(?!)お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2005

検定マニア?!

みなさん、週末はどのようにお過ごしだったでしょう?セグロ嫁は『ザ・検定ウィークエンド』を過ごしておりました。えっ、なんの検定ですかって?それはもちろん中国語関係です。最近も学校には通っているんですが、ヘタに年月を重ねて行くうちに、ふと「このままでいいのだろうか?」と密かな疑問が湧き上がってきたんですよね。いま、私が中国語を武器に仕事を探そうとしても、はてさてどれくらいの実力なのか、証明できるモノが全くないワケです。検定はもうかれこれ1年半前に受けたのですが、それっきり・・・焦ったセグロ嫁は検定オタクと化し、近々台湾で受けられる試験を探しました。すると、TECC(中国語コミュニケーション検定)と台湾の中国語検定がヒット。問題はこの2つが同じ週末(土・日)にあることなんですが、ここはいっちょ両方受けることに決めたのでした。

さて、まずは台湾の検定。緊張した面持ちで試験会場に臨むと、なんと受験者が15人くらいしか居ませんでした(汗)中部・南部地区だからっていっても有り得ない。。。この試験っていったい?試験会場にも案内らしきモノもなく、ぴゅるぴゅる~。ちょっぴり拍子抜け。それでもなんとか気を取り直してこなしました。続いて日曜、TECC。これは台北まで受けに行ったので一日仕事だったんです。朝8時に出発して、1時から3時までの試験をこなし、とんぼ返り、7時に台中に帰宅。聞いただけでも怒涛の一日でしょう?試験もまたすっごい量の問題だったんですよ。セグロ嫁、くたくた~ふらふら~。友達にも「なんか資格マニアとかみたいじゃない?」ってツッコまれてしまいました。(それじゃまるで関係ないのに危険物取扱者の資格とか取る人みたいじゃないの・笑)まあ怒涛の週末、完全燃焼。結果はどうであれ、参加することに意義がありますよね?きっとあるはず。(自分で納得)(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
知らず知らずに5位までUP♪どこまで行けるのかっ?!お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2005

カバー曲

この間TVを見ていたら、聞きなれた歌が流れてきました。ん?女の子2人組が中国語で歌っているんですが、このメロディーラインはもしや日本の歌?! タラ・ラ・ラララララ・羽があ~る♪おぉ~ひょっとして「僕の背中には羽があ~る♪」ではないですか?! 間違いないっ。Kinkiの歌でした。Kinkiを含めて、ジャニーズは台湾でもすごく人気があるんですよ。ちなみにKinkiKidsは「近畿小子」、TOKIOは「東京小子」、V6はV6のまま。でも読み方はぶい・りょうなんです。(笑:6はりょうと読むんです)・・・てなわけで、日本でちょっぴり話題の台湾のアイドルグループのF4も台湾では「えふ・すー」と呼ばれていまーす(笑)

話がだいぶそれちゃいました(汗)話を戻しますと、台湾はカバー曲が多いように思うんです。Kinki以外でも発見しました!マドンナの「マテリアル・ガール」。中国語で歌われてましたよん。バスに乗ってても、日本の演歌のカバーをよく耳にします。たとえば吉幾三さんの「酒よ」とか。台湾って老若男女問わず、カバー好き?まあ日本でも郷ひろみさんが「アッチチ~♪」と歌ったり、西城秀樹さんが「バイラモース~♪」(ちょっと古めでした?)と、ラテン系をカバーしているので、まあよくカバーしている方かもしれませんが。

台湾は同じ島国でも、適応能力に優れているように思うんです。他の国に良いところは積極的に取り入れようとする姿勢が伺えます。だからアメリカはもちろん、日本、韓国、香港、シンガポール・・・各国のスターが好きで、各国の歌が流行るわけです。カバー曲の一曲でも完璧に覚えて、日本に帰ってカラオケなんぞに行った時、突然中国語バージョンで歌ったら、ウケるでしょうか?これは一種の賭けですね(笑)(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
な、なんと昨日は7位までUPしました♪お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (25) | TrackBack (0)

December 08, 2005

リンリン、お見合いする?!

リンリン、それは我が家の愛犬。目に入れても痛くない、カワユイ(飼い主バカ)ワンコ。(写真を見たい方はこちらからどうぞ!)そのリンリンちゃんも1歳半を過ぎ、いよいよお年頃になってきました。1歳までは非常にボーイッシュだったんですが、いまやすっかり女の子。そのリンリンちゃん、近頃本格的に発情し始めちゃいました。どういう行動にでるのかはちょっと恥ずかしいので敢えて書きませんが・・・あぁ~おまえも大人になったのね~(ちょっぴり哀愁)

リンリンが赤ちゃん産んでくれたらいいのに~。これは前から考えていたことなんです。でも例えばカップリングとか難しそうじゃないですか?リンリンちゃん、こう見えて、台湾の血統書(?!)を持っているんで、相手もそれ相当のワンコさんでないと・・・(いきなり娘婿を探す心境)。特に日本では費用がお高いと聞いていましたものでひるんでました。なら、台湾でならどうだろう?それをワンコ友達に相談してみたところ、な、なんと速攻探してきてくれましたよ、お婿さん。

残念ながら白ポメラニアンではなく、黒ちゃんでしたが、とりあえずお顔は可愛かったです。費用もだいたい日本の3分の1の5千元(2万円弱)・・・決めかけた矢先に、ワンコの妊娠期間って63日だということを知りました。み、短い・・・っていうことは1月末出産?おぉ~ダメダメ。旧正月は台湾の病院はほとんど閉まってますしね。いろいろ予定もある・・・それによく調べてみると、2歳までに産むっていうのは、負担らしいんです。中学生が子供を産むみたいな感じらしいです。それはイカン!断じてイカン!・・・ってなわけで今回は見送ることにしました。ワンコの発情って年2回らしいので、半年後、またはそれ以後にじっくり考えることにします。それにしてもリンリン、その両足を思いっきり広げるポーズはなんだかなあ~。(私達はこのポーズを‘リンリン・オブ・ジョイトイ’って呼んでいます)お客さんが来た時は恥ずかしいからヤメテね。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで今日も11位♪お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

台湾人化が進む私・・・

この間の出来事。週末ダンナと一緒にデパートへ買い物に行きました。シブいセグロ家のこと、あんまし買い物には行かないのですが、寒くなってきたのでジャケットが欲しいと言い出したダンナにお見立てしてあげようと(なんだか着物ショーのお見立てゲストみたい・・・)夫婦揃って紳士服売り場へ赴いた次第であります。

ジャケットを物色していると、定員さんがこちらへやってきました。いろんな形のジャケットを試着して、「もう少し濃い色がいい」だの、「ボタンが多すぎる」だの注文をし、やっとお眼鏡に適うものをゲット。上着を作ると、ズボンが破格に安くなる、(しかもですよ、3分の1になるんです!なんでか?)って言われちゃあー、つくらいでかっ!! ズボンもいっちょ新調することにしたダンナはサイズ合わせの為、試着室へ消えていきました。その時、定員のおばちゃんとわたくし2人に奇妙な間が襲いました。妙な沈黙を打開すべく発したおばちゃんの一言。「彼は中国語が上手ですね」わたしはとっさに思いました。<わたしの中国語はまだまだなんだ~、あーれー(落ちていく)>でもヘコんだ様子は見せずに答えました。「私達は台湾に来てもう4年なんですよ」その時です、「あなた、日本人なんですか?」おばちゃんが驚いて叫んだのは。<なんだ~わたしの中国語なかなかやるじゃなーい>ほくそえんだのもつかの間、おばちゃんは続けました。「あなたの服装とか雰囲気は台湾人です」またまたあーれー(どん底)台湾人と間違われたのは、中国語からではなくて服装とか雰囲気からだったのです。

台湾人に間違われるのはいいんです。例えば顔のつくりとかで言われるなら。でも服装・雰囲気で言われるっていうことはこんな図式が成り立ちます。一般的に台湾人は服装にあまり気をかけない、化粧もしない→台湾人に間違われる→無頓着という烙印を押された・・・あー、なんだかなあ。日本に本帰国するあかつきにはちゃんと正しい日本人に戻れるでしょうか?今から不安なセグロ嫁であります。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで今日は11位♪お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2005

「小悪魔」について

今、学校で使ってる教材が新聞のコラムなんです。中国語で書かれたコラムを読んでいくんですが、この間面白い記事がありました。それは「小悪魔」について。日本在住の有名(?!)台湾人が書いたコラムで、日本では小悪魔、魔性の女が大モテという内容でした。それは確かにうなずけます。そうでしょう、そうでしょうとも。しかし、ここからが問題。あまりにモテるので、一般の女性達、みんなが小悪魔・魔性の女を装うように努力していると書いているではありませんか?! 学校の先生は40歳の女性(もちろん台湾人)なんですが、この記事に興味津々。日本人である私達にさまざまな問いを投げかけてきました。

まず1つ目。「小悪魔って何ですか?」中国語にはこういう単語はありません。そんで持って「魔性的女」という単語もありません。(ちなみに中国語では「壞女人」といいます。壞<ファイ>は悪いという意。まさに読んで字のごとく、そのままやんっていう単語です)まあそれは置いといて、「ミステリアスな魅力で惹きつけ、男の人を弄ぶ女。んでもって可愛い。」と一応説明しておきました。先生は最初、小悪魔と聞いて「小さい悪魔?」と思われたそうです(笑)それから魔性の女は「妖術使い系?」って(笑)

1つ目はクリア。しかし次なる質問・・・「日本ではみんなが小悪魔を装ってるの?」日本を離れて4年も経ちますし、日本の状況を把握していると言えばウソになりますが、この点はわたくし否定しておきました。「小悪魔とか魔性っていうのは天性のものなので、マネしようと思ってもできないと思います。しかも全ての男性が小悪魔を好きっていうわけでもなく、全ての女性が小悪魔になりたいわけでもありません」とも。台湾では、恋愛方面において日本は非常に開放的だと考えている風潮があります。だからきっと先生も日本は小悪魔だらけ、恋愛に対してツワモノ揃いのスゴイ国かも・・・と思われたんでしょうね。以上、小悪魔をめぐる授業中のお話でした。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
もしお気に召したら、ポチッとお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2005

健康増進運動(健康食品編)

ヨガのお次は何ですか?それは健康食品関係。セグロ嫁は最近ローヤルゼリーなるものを飲み始めました。これは学校の先生に勧められて始めたんですよ。お肌にいい、抵抗力がつく、そして胸が大きくなる(?!)・・・な、なんですと!! その効能に引かれて思わず即お買い上げしちゃいました♪始めて2週間なので、まだ目を見張る効果は現れてはいませんが、そのうちあるらしいです、胸が盛り上がってくる感触・・・ふふふ。その効能を聞きつけてか、韓国人のクラスメート(彼女は若干21歳)も家にあるローヤルゼリーを密かに飲み始めたらしいです。(彼女はおばさんのおうちに下宿してて、おばさんのをこっそりと・・・)みなさん、効果があったら御喝采!しかし、栄養豊富なだけに太ってしまうのでは?と言う説もあります。さてどうなりますことやら。

あとはですね、サプリメントを飲んだり。あっそうそう、お酒を飲む時は赤ワインを飲むように心がけてます。なんてたってポリフェノールが豊富ですからね。その昔、川島なおみさんが「私の身体はワインで出来てるの♪」っておっしゃってました・・・なおみさん、アナタは確かにお若い・・・私も絶対、赤ワイン派になるゾ!・・・てな具合に動機はいたって単純明快・・・非常にわかりやすいぞ~、セグロ嫁。あとは以前にご紹介した『烏骨鶏スープ』をよく作りますね。コラーゲン豊富なこの一品。グロささえ気にしなければ、簡単に作れます。(詳しくは以前の記事でご覧ください)あれれ、最近なんでこんなに健康&美容に気を遣っているんだろう?それだけ年齢を意識し始めてきたってことなんでしょうね。来年で35、知っとるけのけ~♪(古かったですね)(いったんおしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
もしお気に召したら、ポチッとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »