« January 2006 | Main | March 2006 »

February 26, 2006

シルクロードの果て

昨日NHKで(台湾でもNHKワールドは見られます♪)『特集シルクロード』をという番組を観ました。行ったことあります、シルクロード。だから番組を観てなんだかすご~く懐かしい気分になりました。私達の旅ルートは、西安からウルムチに入って、トルファンを回り、空路でカシュガルへ。(なんかマニアックな地名ばっかりですね。あはは)とにかく、中国の西の果て、タジキスタンとの国境近くの『カシュガル』まで行ったのです。ここはある意味どこよりも秘境だったかもしれない・・・(感慨)

どこがそんなに?この街は中国と言っても、漢民族ではなくウイグル族を初め、タジク族、キルギス族など・・・様々な民族の人々が生活しており、異国情緒満点。観光客の中に欧米人の姿はなく、日本人少数のみ。人々は私達観光客に好奇の目を向けるのですが、それは純粋で好意的な視線であったことを思い出します。

そのカシュガルの思い出の中で、特に忘れられないのが『カラクリ湖』という湖までの道程。パキスタンに向かうカラコルム・ハイウェイ上に位置するのですが、なんて言ってもこんな悪路は知らないよ!っていうほど、道が悪かったですね。脳味噌シェイク~!天上に頭ぶつけることもしばしば(笑)架かっているはずの橋は洪水で流されてるし・・・この悪路は今でも我が家の語り草になっています。どんな悪路を走っても「カラクリ湖よりマシやな~」って(笑)有難う、カラクリ湖ハイウェイ!これで大概の悪路はへっちゃらなカラダとなりました。もう一つ、特筆すべきはカラクリ湖までの道中、タシュクルガン・タジク自治県検問横のトイレ。ここはセグロ史上最も、なんと言いましょうか、ためらったトイレでしたね。(これならまだアフリカの「外で失礼」の方が格段に清々しい!)有難う、検問トイレ!これで大概のトイレはへっちゃらなカラダとなりました。なんだセグロ夫婦ってここシルクロードで結構鍛えられていたのね・・・。はるか昔、西安からカシュガルを通って、インドまで行かれた三蔵法師、あなた様はほんとに偉大であります。想いを馳せるセグロ嫁なのでした。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

クラスメートの話

セグロ嫁、今週から新学期が始まりました♪月曜日、ワクワクしながらクラスを確認しましたよん。そう、大学(付属の語学スクール)は学期毎にクラス替え。なので次はどこの国の、どんなクラスメートと勉強するか、それを確認するのが非常に楽しみでもあり、緊張の瞬間でもあります。

果たして今回は?それが・・・かなりツワモノ揃いのクラスに配属されてました。ツワモノっていい意味ですよ。みなさん、中国語が素晴らしくお出来になる。中国語歴10年近いとか、通訳を目指してるとか、HSK(中国語の検定)が素晴らしい成績だったとか。。。わたし、はっきり言って出遅れてます。ほんと謙遜ではなく。いやー、ここまでの敗北感は久しぶりですね。言うなれば「こりゃ、一本取られたな」っていう状態。(焦ってる感がなかったですね)そのツワモノの中で一際輝く、最強のクラスメートを今日はご紹介いたしましょう。

彼はアメリカ人。うちの大学には初めて来たようですが、その実力がスゴイのなんの。どんな単語も知ってる、読めるなんて当たり前。新聞の内容(1つの記事)をほぼ暗記してきた。中国語でイラン・イラク戦争の経緯を語り出した・・・等等。セグロ嫁、毎回口アングリ・・・(いつかアゴが外れるかもしれません)。彼は成語(日本で言う、ことわざ)も自由自在に操ります。1つ出てきたら、2~3個同じ意味のを挙げてきますからね。想像してみてください。『五十歩百歩』っていうことわざが出てきた時、「それって『目くそ、鼻くそを笑う』って意味と同じですよね?」っていうガイジン。このレベルと言えば・・・日本のデイブですよ。デイブ・スペクター。どこにでもスゴイ人は居るものですね~(感心)辞めようかな、このクラス・・・とも思いましたが、諸事情により続けてみることにしました。きっと棘の道になることでございしょう。でもネバーギブアップ(ネバネバネバネバ~♪古かったですね)頑張ります。みなさん、応援してくださいね。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 21, 2006

知能犯、リンリン

久しぶりに愛犬リンリンのお話を。最近思うのですが、リンリンって自分が可愛く見えるポーズを知リ尽くしているような気がするんですよね。よくするのが、コロンって仰向けになるポーズ。これにはたまらん、「参りました」って言いそうになります。あのお腹を見せた無防備な体勢をとられると、なんて心を許してくれてるんだろうってもうメロメロ。暫く、よしよし、なでなでを繰り返してあげます。このポーズをする→なでなでしてくれる(かまってくれる)→嬉しい・・・そんな図式がリンリンコンピューターの中で計算されているような気がしてならない・・・お主、なかなか知能犯じゃな、リンリン。

あと、コロンとまではいかなくても、足を思いきり広げる、通称「リンリン・オブ・ジョイトイ」ポーズもよくします。きっと、これをする→わたしら夫婦は喜んで、「ジョイトイやな~」ってやんや騒ぐ→嬉しい・・・っていう計算なんでしょうね。可愛いけど、ちょっとあられもない格好です。リンリン、他所様の前ではやめましょうね。

さて、リンリンには最近ニューアジト(秘密基地)が出来ました。それは、それは、ジャパニーズ・コタツ!日本から持ってきたもの(台湾には売ってません)を出してみたのですが、リンリンが大層気に入って、隠れ家にしてます。モゴモゴ、モゴモゴ。そんなに気に入ってもらってるところ悪いんですが、そのコタツ、暖かくなってきたのでもうすぐ撤去するんですけど・・・そんなことは露知らず、基地に隠れてゴキゲンなリンリンさんなのでした。(おしまい・Youmei)
P.S 私の主治医シリーズはまたおいおいご紹介していきますね。

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

私の主治医 Part1

台湾に来てから病院に行く回数が増えたような気がします。決して病弱になったからというわけではないですよ。台湾の保険証を持っているので、診察代がとにかくお安いんです。実費100~150元(350~500円)くらいで、薬までもらえちゃうので、薬局でクスリ買うより断然お得。・・・なもんでちょっとした風邪でもすぐ病院へ直行。鼻かぜとかアレルギーなら中国医(漢方医)で十分。もっとひどい風邪や違う病気の場合は、敏腕医師のおられるA診療所へ。風邪で熱がドバーッって出て、とにもかくにも速攻で治したい場合はB診療所へ・・・と分けているわけです。

では今日はB診療所について、ご紹介いたしましょう。この診療所の利点、それはどんなに手強い風邪も速攻で治してくれるコト、、、っていうか身体を楽にしてくれるコト。じゃあ、どんな方法で速攻ラクになるのか?それはウルトラ点滴!(勝手に命名)風邪をひきましたって言うと、先生は絶対に「じゃあ、点滴打ちましょう」って言うんですよね(笑)その点滴が効くのなんのっ。打ってる間から気分が良くなっていってるのが自分でわかるほど。何が入ってるんだ、ウルトラ点滴!熱はみるみる引いていき、翌日には元気いっぱい。(実際には治っていないとは思いますが・・・これってドーピング?!)旅行出発前にどれだけお世話になったことか・・・旅行前に体調を崩しやすいセグロ嫁の強い味方であります。

ただね、この診療所って大したことない風邪でも「点滴打ちましょう」って言われちゃうんですよ(笑)熱、出てないちゅーの。「いや、今日は大したことないんで結構です」「じゃあ血管注射しましょう」何が何でも注射しようとするので、即効性を要する時だけ、いや、「今日は点滴だぜ・・・」自分で決意した時だけ行くようにしてまーす。しかし、何が入ってるのかな、ウルトラ点滴・・・(つづく。Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2006

ライオンのおはなし

台湾生活ネタに戻ったと思いきや、またケニアネタに戻っちゃうわたし・・・だって、アフリカ大好きなんですもん。今日はライオンのお話をしたいと思います。(ム、ムツゴロウさんみたいだっ!)

ライオンは群れで生活するっていうのは知っておられますか?大体、オス1~2頭に対して、メス複数でハーレムが形成されます。狩りはメスのお仕事。オスはお昼、のんべんだらりと寝て過ごし、メスが捕った獲物を食べ、まるでヒモのように暮らしているのですが、夜は一変、寝ずにハーレムを守るんですね。えっ?誰から?答えは他のオスから。他のオスはハーレム横取りを企て、王の座を狙っているのです。これに敗北すると、ハーレム撤退か死の制裁を受けます。ライオンの世界も大変ですわね。前置きはこのぐらいにして・・・

この間のサファリでハーレムを見つけたのですが、そこには2頭のオスがおりました。一頭は若いハンサム君、1頭は中年しょぼくれ君。しょぼくれ君はメスにちょっかいをかけるのですが、メスは相手にしません。複数いるメスはみんなハンサム君狙い。ハンサム君の子供を欲しいと思っています。きっと若い方が強く逞しいから人気なのだと思いますが、しょぼくれ君ってば、見た目あまりにパッとしない・・・それじゃやっぱりイカンだろ?ライオンって、その個体によってかなりお顔が違うんですよ。可愛いヤツ、カッコイイヤツ、ブサイクなヤツ、オッサンなヤツ・・・千差万別。おかしいな、他の動物の顔ってほとんど一緒なんだけどな。(シマウマなんて、どやつもほぼ一緒)ほんでもってブサイクなチーターとか見たことないし・・・ライオンのお顔ってほんと面白い。こんな考察してる学者さんっていないんでしょうかね~?(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

今日はバレンタインデー

バレンタインデーですね♪台湾では男性、女性、どちらがプレゼントしてもいいんですが、基本は男性が女性にモノを買ってあげる日となっております。今日もデパートで沢山のカップルを目撃しました。(詳しくは去年のブログ『台湾のバレンタインデー』からどうぞ♪)中華圏の男性もおねだりされて大変でございますなあ。香港では、ある高級ホテルで一泊300万円のバレンタイン特別スイート(ダイヤモンドも付いてます)が用意されたとのこと。誰が泊まるんだよっー(怒)ほんと世の中にはお金持ちがいらっしゃるんですね~(羨望)

ところで話は代わりますが、日本のデパートで、男前の定員さんのバレンタインチョコ売り場というのは、今年も存在するんでしょうか?先学期、大学の授業で新聞のコラムを教材にしてたんですが、そういう記事がありました。日本では男前がチョコを売って、売上上々みたいな。またまた、高野山の僧侶は男前が多くて、女性観光客が増えたとか・・・そんなヤツおらんやろ~う?(byこだま・ひびき。チッチキチーもブレイク中~)コラムの言いたいこと、それは日本では空前の男前ブームだってコト。ほんとにそんな現象が起こっているんですか、日本では?! なんせ台湾人が書いたコラムなので、ちょっと日本についてオーバーに書いてる節があるかもしれませんね。久しく日本を離れてるセグロ嫁には知る由もない話でございました。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (153) | TrackBack (0)

February 13, 2006

ケニア、トイレ事情(後編)

サファリの時、もよおした場合はどうするのか?それは・・・車の後ろ、すなわち外でする、が正解です。シンプルでしょ?でもどこでもOKってなわけにはいきませんよ。前にも述べましたが、サファリカーからは原則出てはいけないと決められております。外にはライオンをはじめ猛獣が潜んでいるかもしれませんから。草食動物だってあなどれません。カバやバッファローもあの体重、突進してこられたら一溜まりもありませんもん。

・・・なもんで、サファリドライバーにもよおした旨を伝えると、ドライバーさんは限りなく茂みのない場所を探してくれます。茂みは一番危ないんです。何か潜んでるかもしれないですから。な~にもまったくない見通しのいい場所で車を停め、真後ろで失礼。(これならドライバーさんに見えない)せめて茂みじゃないと落ち着いてできないと初めのうちは思ったもんですよ。ははは。毎回ちょっと心配なのが、他の車が通りかからないだろうか?もしくは他のドライバーが動物を探す時に見られやしないかという事。だって彼らの視力は5.0とかですよ(サンコンもビックリ!)望遠鏡なんか使ったあかつきには、かなりの距離からでも見つけられちゃう可能性大!でもサファリのためならそれも致し方なしですね~(いいのか?!)

今回、ちょっとピンチなことがありました。ライオンの群れの前で、もよおしてしまったんです、わたくし。絶好のシャッターチャンスなのでガマンしましたが、ちょうどライオンさんが去っていった時、ガマンも限界。ライオンの前で苦痛に歪む顔を見て、ダンナも異変に気付いたようでした。でも近くにライオンが居るかもしれないので、ここを離れる必要が・・・結局3分くらい車を走らせたところで失礼しました。ひゃー、危なかった。みなさん、サファリのトイレの掟、わかってもらえましたでしょうか?これにて、ケニア3部作完結致します!(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (825) | TrackBack (0)

February 12, 2006

ケニア、トイレ事情(前編)

セグロジャッカルズの台湾生活、、、のはずなのに、最近ケニアの話ばっかりですね(笑)初めてこられた読者の皆様、これはケニア在住ではなく、台湾在住管理人のブログですからね~。

では改めまして、ケニアのトイレってどんなトイレ?そんな疑問をお持ちの方はおられませんか?基本、ポットンとかではないで、ご安心を(何を安心するのか?!)ナイロビなど都市部のトイレは結構普通に水洗洋式。水量が少なくて流れにくいのが玉にキズですが、結構大丈夫なもんです。(セグロ嫁は長年の積み重ねで、どんなんでも結構平気ですので、参考にならないかもしれませぬが・・・)それでは例えば、ナイロビから他の都市や国立公園に車で移動したといたしましょう。そんな場合は途中のお土産物屋さんでトイレ休憩がございます。こういうトイレは旅行会社が日本人のために厳選してくれてるものなので安心です。

さて、ここからが本題でございますぞ!ではサファリの時は?大草原にトイレってもんは存在いたしません(一部のゲート付近を除き)しかーも、基本的にサファリカーから降りることは禁じられているので、トイレ休憩ってもんはないんですね~。まあサファリ一回あたりは基本2時間前後なので、大丈夫なんですけど。

でも人間、急にもよおす時もございましょう。また私達みたいな動物バカは「フルデイ」といって一日中サファリに出かけることもあります。こういう場合は如何に?それは明日のお楽しみということで♪(つづく・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 10, 2006

ケニアでの病気対策(後編)

ハマダラカとの戦いに備え、セグロは日本の蚊取り線香を大量持参して行きました。やっぱり効き目が一番、ジャパニーズ・蚊取り線香(グルグル巻いたヤツ)!夕方から部屋でもうもう煙を炊いて、撃退作戦を遂行。夕食、ロッジのレストランに行く時は、長袖、長ズボン着用、おまけに露出してるところに虫除けスプレーを噴射。でもあれれー?ロッジに来ている他の西洋人の方々ってめちゃめちゃ露出してる服で、外で涼風に吹かれてお酒等飲んでおられるではありませんか?いいのかそれで?西洋人って肝が据わっているっていうのか、大らかっていうのか・・・ノースリーブはイカンだろう?サンダルもイカンだろう?刺されるよ、あんたら!こんなに気にするのは日本人だけなんでしょうかね~。

マサイマラ保護区のロッジで、シャワーを浴びようとした時のこと、蚊を見つけて大騒ぎになりました。ぎゃあー!セグロ嫁、取り急ぎバスルームから撤退。バスルームでももうもう煙を焚き、殺虫剤を噴射しまくり、撃墜。夜は蚊帳の中で防御。(ロッジにだいたい備え付けられてますので、その中で寝ましょう)そんなこんなで結局一箇所も刺されなかったと思います(たぶん・・・)。マラリアは潜伏期間があるので、一応マラリア治療薬(現地の薬局で買えます)をゲットし、これでもしもの場合も一安心。アジアでは薬が手に入りにくいのですが、決して治らない病気ではないのですよ。

あとで聞いた話ですが、マサイマラにはハマダラカは居ないそうです。なんだ~騒いで損しちゃったよ。でももう一箇所訪れたサンブル保護区ではやっぱり注意が必要とのこと。注意しててよかった・・・って、これでマラリアを発症したらカッコ悪いですね。潜伏期間、早く過ぎ去っておくれ~(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位になりました♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2006

ケニアでの病気対策(前編)

アフリカに行くんだというと、よく飛び出すのが「病気とか大丈夫なの?」っていう質問。もちろんアフリカ特有の病気、ございますとも。代表的なものを挙げますと、黄熱病、マラリアでしょうかね。黄熱病については予防接種がありまして、渡航前に打っておくと大丈夫。これは確か渡航の必須条件ではなかったですが、アフリカ行くなら打っておいた方がいいですよ、絶対。一度打つと10年間効力発揮してくれる優れものです。

じゃあマラリアは?これはですね、予防接種はないのです。予防方法はすなわち、じゃじゃーん『蚊に刺されないコト』であります。マラリアとはマラリア原虫を体内に持ってるハマダラカ(メス)に刺された場合に発症(体内に蚊の原虫を産み落とされるってことです。結構スプラッタかも~)蚊に刺されないって言っても、そんなこと可能なのかって思われる方も多数おられることでしょう?しかもこの蚊ってば羽音がしないし・・・絶望的だあー。いえいえ。秘策があるんですよ。それはこの蚊の習性にあります。この蚊は夜にだけ原虫を産卵するので、夜だけ防ぎきれればマラリアから逃げ切れるってことです。夜を制するものは『マラリア』を制する・・・(つづく。Youmei)
P.S 後編はセグロ夫婦とマラリア蚊の攻防戦をお送りします。

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おぉ~と、3位まで急浮上!ありがとうございます。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (14) | TrackBack (0)

February 07, 2006

ケニアの言語について

「ケニアって何語なの?」これよく聞かれるんですよね。答えはスワヒリ語でーす。ほんでもって「じゃあ現地サファリガイドとは何語で会話するの?」これが第2の質問。答えは英語。ケニアの教育では英語に力を入れていて、就学した人のほとんどが英語を話せるのだそうです。スゴーい。昔は学校に行けなかった人も多かったようですが、今は義務教育が無料だそうで、就学率がかなり上がったらしいですよ。

ケニア人は日常スワヒリ語を使い、同じ部族の人と会った時は部族語(例えばマサイ族語とか)で話し、外国人とは英語でコミュニケーションをはかり・・・なんだか頭が混乱しそうでありますが、とにかく器用な人たちですよね。サファリ中、英語でいろいろ解説してくれるサファリガイドさん。但し、他のサファリドライバーと情報交換する時はスワヒリ語(たぶん?)で会話するのでさっぱり私達にはわかりません。サファリは情報交換が命。すれ違いざまの車同士が自分の見つけた動物とエリアを教え合ったり、無線で「どこどこでチーター見つけた!」とか配信したり・・・1台で広大なサバンナに点在する動物をみつけるのは非常に困難。みんなでみつけて助け合いましょう。これがサファリの精神なのです。

話がそれちゃいましたが、今回他のドライバーさんと情報交換するうちのドライバーさんの会話からヘンテコな言葉を聞いちゃいました『ロジャ、ロジャ・・・』なんじゃ、そりゃ。爆笑を堪える我らセグロ夫婦。今度はこんな言葉が・・・。『モジャモジャラ、モージャ・・・』もじゃもじゃ?! もうこれはキツい。笑いを堪えるのに必死であります。サファリ中に何回か聞いたモジャモジャ・・・どういう意味かはわかりませんが(笑)スワヒリ語に堪能な方がいらっしゃいましたら教えてください。言語ってほんとに面白いですね。最近我が家でブレイク中、モジャモジャラ、モージャ~(おしまい。Youmei)
P.S 昔、『電波少年』で矢部太郎がスワヒリ語、勉強させられてましたよね?『ヒーニ ニーニ?(これは何ですか?)』番組のおかげでこのフレーズだけは覚えてます(笑)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
皆様のおかげで8位まで復活しました!お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (266) | TrackBack (0)

February 06, 2006

ケニアから帰りました♪

みなさん、ご無沙汰でございました。セグロ夫婦、昨日無事ケニアから戻ってきたであります(敬礼!)いや~ケニアはやっぱり遠かったですね~(遠い目)でも今回のサファリもいいシーンに恵まれましたよん。

まず、憧れの北部、サンブル国立保護区ではお目当ての動物たちに出会えました。アミメキリンでしょ、グレイビーゼブラ(縞の細かいシマウマ)でしょ、ソマリダチョウでしょ・・・あとはゲレヌク(インパラがスマートになったみたいなヤツ)が立ち上がってアカシアを食べてる姿も。これ観たかったんですよね~(大興奮)おっと、なんか話がマニアックになってきちゃいました、すいません(汗)『サファリを重ねると、それだけ珍しい動物が観たくなるもんなんですねえ~』(ムツゴロウさんちっくに言ってみてください)動物バカのセグロ夫婦ってことで勘弁してくださいまし。

それから動物の宝庫、マサイマラ国立保護区では沢山のライオン(食事シーン含む)やクロサイファミリー(これはすごく珍しいです)、ハイエナの赤ちゃん、を筆頭にいろんな動物に遭遇しました。やっぱりいいですね~サファリは。これだからやめられない(それでいいのか?!)

アクシデントは特になかったです。実は嫁が旅行数日前に風邪で熱を出して点滴を受けたこと以外は。(それっていいのか?!)でも点滴が功を奏しまして、旅行時は健康そのもの、毎日夜9時に就寝、朝5時半起床、朝6時半からサファリに出かけておりました。あとはサンブルはマラリアの危険性もあるとか言われてビビってましたが、持参の蚊取り線香の威力で、蚊にも刺されず乗り切りました(たぶん?)。それから、小型飛行機での移動も大丈夫でしたよ、あはは。そんなこんなで無事に帰台するに至ったわけでして・・・取り急ぎの帰台報告でした。旅行の面白話はおいおいブログでご紹介しますね。今後をお楽しみに~(Youmei)
P.S 今回の旅行、帰ってからの疲労がいつもよりマシのような気がするのですが、目の下には恐ろしいクマが?!寄る年波には勝てないのか?! ぴゅるる~。頑張れセグロ嫁!負けるなセグロ嫁!


当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
はてしなく落ちちゃいました(涙)心機一転頑張りマッス。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »