« ライオンのおはなし | Main | 知能犯、リンリン »

February 19, 2006

私の主治医 Part1

台湾に来てから病院に行く回数が増えたような気がします。決して病弱になったからというわけではないですよ。台湾の保険証を持っているので、診察代がとにかくお安いんです。実費100~150元(350~500円)くらいで、薬までもらえちゃうので、薬局でクスリ買うより断然お得。・・・なもんでちょっとした風邪でもすぐ病院へ直行。鼻かぜとかアレルギーなら中国医(漢方医)で十分。もっとひどい風邪や違う病気の場合は、敏腕医師のおられるA診療所へ。風邪で熱がドバーッって出て、とにもかくにも速攻で治したい場合はB診療所へ・・・と分けているわけです。

では今日はB診療所について、ご紹介いたしましょう。この診療所の利点、それはどんなに手強い風邪も速攻で治してくれるコト、、、っていうか身体を楽にしてくれるコト。じゃあ、どんな方法で速攻ラクになるのか?それはウルトラ点滴!(勝手に命名)風邪をひきましたって言うと、先生は絶対に「じゃあ、点滴打ちましょう」って言うんですよね(笑)その点滴が効くのなんのっ。打ってる間から気分が良くなっていってるのが自分でわかるほど。何が入ってるんだ、ウルトラ点滴!熱はみるみる引いていき、翌日には元気いっぱい。(実際には治っていないとは思いますが・・・これってドーピング?!)旅行出発前にどれだけお世話になったことか・・・旅行前に体調を崩しやすいセグロ嫁の強い味方であります。

ただね、この診療所って大したことない風邪でも「点滴打ちましょう」って言われちゃうんですよ(笑)熱、出てないちゅーの。「いや、今日は大したことないんで結構です」「じゃあ血管注射しましょう」何が何でも注射しようとするので、即効性を要する時だけ、いや、「今日は点滴だぜ・・・」自分で決意した時だけ行くようにしてまーす。しかし、何が入ってるのかな、ウルトラ点滴・・・(つづく。Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
おかげさまで2位キープ中です♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


|

« ライオンのおはなし | Main | 知能犯、リンリン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63053/8745440

Listed below are links to weblogs that reference 私の主治医 Part1:

« ライオンのおはなし | Main | 知能犯、リンリン »