« April 2006 | Main | July 2006 »

May 30, 2006

リンリンは香田晋似?!

最近、梅雨に突入した台湾。。。からっとした台中ではかなり珍しい、うっとおしい季節の到来です。こんなに蒸し蒸ししたら、リンリンさんの不快指数もさぞかし倍増・・・っていうことで、先日リンリンさん、散髪に連れていってさしあげました。今年初のサマーカットに挑戦するためであります!

以前にも取り上げましたが、サマーカットって結構危険なんですよね。長毛種のリンリンさんが短く刈り上げられると、なんだか違う種類の犬みたいになってしまうんです。更に悪いことには、頭の刈り方がなんだか角刈りぽくなって、女の子のリンリンさんがなんだかゴルゴ13や香田晋さんみたくなっちゃうんですよ(笑)これは相当危険。ダンナはリンリンさんが散髪して帰ってくる度に悲しげな表情を浮かべるほど(笑)ちなみ散髪代はシャンプー込みで、700元(日本円約2500円)と、日本に比べるとだいぶお得であります。

それはさておき、今回の散髪はなかなかよかったです。頭のあたりもなんだか丸っこく仕上がってて、いい感じで豆シバみたいに可愛くなって帰ってきました。(←いいのか?!)なかなか満足。これで「香田晋みたい、モミモミ~」って言われなくて済むね、リンリン。ここで全然関係ない話を無理やり繋げますが、リンリンが香田晋さんなら、われらセグロ夫婦は誰に似てるのか?HP上の写真は顔にぼかしが入っているので、興味ある方もいらしたりなんかして。。。いきなりご回答致します。ダンナ→奥菜恵 嫁→織田裕二・・・男女逆ではないの?いえいえこれでいいのです。奥菜恵なダンナと織田裕二な嫁、それから香田晋な犬・・・こんな家族ってイケてるでしょうか???(とりとめもなく御免。おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。おかげさまで2、3位をデッドヒート中♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

台湾で手術の巻(後編)

さて、手術当日。脚の手術ですし、帰りのことも心配なので、ダンナに付いてきてもらっていざ出陣!いきなり手術室に向かいます。説明を受けて、服を着替えて、手術室の中へ。手術室のあの雰囲気、やっぱり嫌ですよね~。上には大きなライト、ハイテク機器の数々・・・無機質なんだよなあ。手術台に載せられたセグロ嫁はもう緊張で、血管切れそうでした。(これから切るのに切れたらイカン)それに比べてまして助手の先生、看護婦さんのリラックスモードといったら。先生が来る間の待ち時間、すっごい普通の会話で盛り上がっているではありませんか?!「昨日行ったレストランがね・・・」「誰々がこんな面白いこと言ってさー。ははは」大爆笑の渦。君ら、OLの昼休みかー!ってツッコミを入れそうになった程です。人が緊張の面持ちで横たわってるのにさ(怒)

なかなか来ない先生を待つ長い長い時間。私の緊張を察してか、今度は私に話を振ってきた彼ら。日本人だとわかると今度は興味津々に質問攻め(笑)やんややんや結構楽しかったです(日本じゃまずないですよね?)小一時間も話した頃でしょうか、ついに敏腕医師登場!思わず「ぎょえー」って叫んだほど激痛の麻酔を何気に打ち、華麗なメス裁きでさくさく切って、縫合含めてなんと10分!こうして私の手術はいとも簡単に幕を閉じたのです。心配した帰りですが、ダンナの肩につかまって・・・いえいえ、普通にとっとと歩いて帰りました。麻酔がたっぷり効いていたもんですから(笑)その後で切れるであろう、麻酔の恐怖も知りもしないで・・・帰り、景気付けに韓国料理のランチなんか食べて帰宅しましたとさ。めでたし、めでたし。これにて手術の巻、完結。えっ、今の傷の具合は?ですって?なんか根性で治ってきましたよん(笑)根性~♪根性~♪ド根性~♪(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。おかげさまで2、3位をデッドヒート中♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

台湾で手術の巻(前編)

ちょっとスプラッタな話をしていいでしょうか?去年、チャレンジャーにも台湾である手術を受けたんですよね。小さなしこりみたいなモノが脚に出来まして、それを切除する手術でした。手術自体は簡単なもので、傷口も3cmくらいとミニサイズ(一応縫いましたが)。その傷口が、な、なんとこの度パックリ開いちゃいました。あはは(笑っている場合ではない)。なんか通気性が悪くなるとダメみたいなんです。今年2月ケニア旅行から帰った時も、無理がたたったのでしょうか?パックリ!その時は自分で消毒して、バンドエードを貼りまくって、根性で完治したのであります(笑)しかーし、またもやの出来事に少々ヘコみ気味。。。しょぼーん。今日も蒸れないようにして、せっせと消毒に励みまする(やっぱり根性で治すつもりか?!)。でも一回縫った傷口ってこんなに簡単に開くものなんでしょうかね?

一年前、行きつけの内科の先生に紹介してもらって、大病院の外科の門を叩いた私。診察室で見たものは、順番を無視して入ってくる患者さんたちでした。予約も何も、プライバシーも何もあったもんじゃない(笑)たぶん患者さんが多すぎて、それをなんとかこなすために診察室に何人も入れるシステムをとっておられるとは思うんですが(汗)外科だけに時にすっごい流血してる人とか大怪我の人とかも運び込まれてきます。おっかないこと、この上なし。先生は天才外科医にありがちなのでしょうか、口数が少なく、モゴモゴ話すタイプ。説明が聞き取りにくいのなんの(笑)それでもなんとか診察を経て、手術に挑むことを決意致しました。それから日を改めまして手術・・・手術の模様は後編をお楽しみに~♪(つづく・セグロ嫁)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。おかげさまで3位に浮上しました。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2006

四捨五入が40?!

みなさん、ご無沙汰しておりました。セグロ嫁であります。諸事情により緊急一時帰国していたんですが、今週台湾に戻ってまいりました。最近何やかんやでブログやHPの更新が滞っており、ご心配をおかけしたこと、お詫び申し上げます。これからはまたホットな台湾ニュースや海外情報をお届けしたいと思っておりますので、ご愛顧宜しくお願いしますね。

さて、ブログ復帰で最初にお届けするネタがこれっていうのも少々おこがましいですが、今日はわたくしの35回目のお誕生日であります!(はっきり年齢を書いたところが潔し・・・)人には節目節目っていうのが存在すると思うんですが、「35」という区切り、これは大きな意味を持つように思うのですよ、ハイ。だって四捨五入したら「40」なんですよ!と力説(そんな事にこだわっているのか?)ちなみにダンナは同じ年生まれですが、まだ34歳で四捨五入しても「30」。この差は天と地。ダンナのお誕生日まで、この差を抱えて生きていかねばならないのです。ひゃー。

予断ですが、以前日本のTV番組で、杉本彩姉さん、国生さゆり姉さんがおっしゃっていたのをふと思い出しました。女性にとって34歳の一年間をどう生きるかで、35歳からの輝きが変わってくるのだとか。34歳に疲れた生き方をしてると、35歳からは老け込む一方。あな恐ろし・・・もう35歳の今日という日を迎えてしまいましたので、何とも言えませんが、願わくば35歳からキラキラしていたいと思うセグロ嫁なのでした。サプリメント片手に頑張ってマッス!(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。ただいま5位です(涙)お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

台湾関係続編

お久しぶりです。セグロ嫁がまた帰省してしまい、わかだんなが久しぶりに投稿します。今回は、以前投稿したネタの後日談です。

その①台湾人のニックネーム
以前、英語のニックネームで、衝撃の「Fish(魚)」さんがいることをご紹介しました。由来を聞いてみたところ、名前の中に「魚」と同じ読み方の字が入っているからだそうです。別に「さかなクン」等とは関係ありませんでした。

で、その後に入社した人のニックネームが、なんと
「Doraemon(ドラえもん)」
ついに時空をも超てしまいました。確か22世紀の東京生まれでしたよね。

その②台湾人を接待してみた
台湾の人の挨拶で、ふたこと目に出てくる「お腹いっぱい?」この裏にある考え方を、台湾の方から教えてもらう機会がありましたので、ご紹介しておきます。
今でこそ台湾は裕福な国ですが、昔は(日本もそうですが)食べるのに精一杯な時代がありました。その時代の「いかがですか?」という挨拶の名残だそうです。
では、裕福になった現在はどうなのかというと、言外に「仕事ばっかりせず食べるのも大事だよ」という意味もあるそうです。
言葉の背景とは、奥深いものですね。


当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。6位に落ちてしまいました。(涙)お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | July 2006 »