« Part4東洋医学で腰痛完治への道 | Main | Part6東洋医学で腰痛完治への道 »

October 28, 2006

Part5東洋医学で腰痛完治への道

腰痛は完治し、すっかり快適な生活を取り戻したのだった。ところが....

私は元々顎関節症も持っていた。もともとは生活に不便をきたすほどではなかったが、腰痛が完治した後、具合がだんだん悪くなってきたのだ。顎間接がカコカコ音がして、ついには硬いものを噛むのが苦痛になってきた。

美味しいものを美味しく食べられないとは、そんな不幸なことは無い。
というわけで、師匠、治して~!

「そなたの一番悪い部分を治療したゆえに、二番目に悪い部分の症状がひどくなったようじゃのう。元来、人の体とはそういうふうにできて居る。いずれにせよ、すぐ治すゆえ心配いらぬ。」
というわけで治療開始。

「口をあけて、力を抜くべし抜くべし.....よいしょ!」

カコン (←顎関節から聞こえてきた音)

師匠の動作は、なんと手で頭を上と下から勢い良く挟み込んで、顎の関節を元に戻すという、荒っぽいものだった。いや、でもまだ顎の関節がカコカコ言うから、治ってないよぅ師匠!

「それはまだ関節が馴染んでおらぬからである。暫くは口を大きく開けないよう、また力をかけぬよう気をつけるべし。数日で治るゆえな。」

結局、その言葉の通りとなった。さすが師匠!

せっかくなので、他の部位についても徹底的に治してもらうことにした。まずは、良く寝違えるので、首。

「ふむふむ、第○頚椎と第○頚椎が異常に接近しておるのう。ここを治せば解決じゃ。力を抜くべし抜くべし...」

ボキボキッ!(←首から聞こえてきた音)

なんと師匠は私の頭を掴んで引っ張り上げたのだった。これ、首をかえって痛める患者さんが居るのではないだろうか?まあ結果としては、ちゃんと治ってくれた。

さらに治療はつづく


当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。なんとか5位に浮上。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

親HPセグロジャッカル'sの世界旅行も宜しくお願いします。

|

« Part4東洋医学で腰痛完治への道 | Main | Part6東洋医学で腰痛完治への道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63053/12465240

Listed below are links to weblogs that reference Part5東洋医学で腰痛完治への道:

« Part4東洋医学で腰痛完治への道 | Main | Part6東洋医学で腰痛完治への道 »