November 01, 2006

Part6東洋医学で腰痛完治への道

ついに完結編です。

腰痛と顎関節症と頚椎を治してもらったセグロわかだんなは、さらに、昔から肩凝りもひどいので、治してもらうことにした。師匠はなぜか腕の付け根の関節を押し始める。

「そなた、ここは痛むか?」
いてててて......って、それは神経を刺激してるよ!そもそも痛い部位に決まってるじゃないか、お師匠さま。

「ということは、そなた脱臼しておるのう。」
...へっ?!

「腕の重さを本来は関節で支えるべきところ、そなたの場合は肩の筋肉のみで支えておるので、肩凝りがひどいということなのである。従って、上腕骨を肩関節に入れなおせば治る。」

師匠は私の二の腕を掴み、いつもとは反対方向に向けてねじり始めた。....痛い痛い!それじゃあ脱臼を直すどころか、腕が抜けるじゃないかよ~師匠!

カコン (←肩から聞こえてきた音)

「元に戻ったようじゃの。もう腕の付け根も痛くないであろう。」(先と同じ部位を押す)

本当だ....もしこれだけで肩凝りが完治するんだったら、師匠すごすぎ。(結局、本当に完治した。)

「日本には、このような治療を行う医師はおらぬであろう。実は台湾にも、わしを含めて10数名しかおらぬ。しかも中部ではわし一人なのじゃ。」

師匠、じゃあ日本語を習って、たまに日本で出張治療したら、ずいぶん儲かるんじゃない?

「これまで随分多くの患者を治してきたから、生活していくにはこれで充分である。よって今は金を稼ぐより、恵まれぬ貧しき人の役に立ちたいのじゃ。よって日本には行かぬが、実は定期的にインドネシアに行って、こちらは格安で治療しておる。」

師匠、技だけじゃなくて人生哲学もすごかったんだ.....


随分長い連載になりましたが、これにて腰痛完治シリーズを終了させていただきます。患者の紹介以外を受け付けていないため、医院の名称や場所を情報提供できないのが残念です。
最後に、師匠のキャラ(仙人風)はフィクションでしたが、内容は全て私の実体験に基づいていることを申し添えます。

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。いつの間にやら9位にまで落ちてしまいました(涙) お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

親HPセグロジャッカル'sの世界旅行も宜しくお願いします。


| | Comments (40) | TrackBack (7)

October 28, 2006

Part5東洋医学で腰痛完治への道

腰痛は完治し、すっかり快適な生活を取り戻したのだった。ところが....

私は元々顎関節症も持っていた。もともとは生活に不便をきたすほどではなかったが、腰痛が完治した後、具合がだんだん悪くなってきたのだ。顎間接がカコカコ音がして、ついには硬いものを噛むのが苦痛になってきた。

美味しいものを美味しく食べられないとは、そんな不幸なことは無い。
というわけで、師匠、治して~!

「そなたの一番悪い部分を治療したゆえに、二番目に悪い部分の症状がひどくなったようじゃのう。元来、人の体とはそういうふうにできて居る。いずれにせよ、すぐ治すゆえ心配いらぬ。」
というわけで治療開始。

「口をあけて、力を抜くべし抜くべし.....よいしょ!」

カコン (←顎関節から聞こえてきた音)

師匠の動作は、なんと手で頭を上と下から勢い良く挟み込んで、顎の関節を元に戻すという、荒っぽいものだった。いや、でもまだ顎の関節がカコカコ言うから、治ってないよぅ師匠!

「それはまだ関節が馴染んでおらぬからである。暫くは口を大きく開けないよう、また力をかけぬよう気をつけるべし。数日で治るゆえな。」

結局、その言葉の通りとなった。さすが師匠!

せっかくなので、他の部位についても徹底的に治してもらうことにした。まずは、良く寝違えるので、首。

「ふむふむ、第○頚椎と第○頚椎が異常に接近しておるのう。ここを治せば解決じゃ。力を抜くべし抜くべし...」

ボキボキッ!(←首から聞こえてきた音)

なんと師匠は私の頭を掴んで引っ張り上げたのだった。これ、首をかえって痛める患者さんが居るのではないだろうか?まあ結果としては、ちゃんと治ってくれた。

さらに治療はつづく


当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。なんとか5位に浮上。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

親HPセグロジャッカル'sの世界旅行も宜しくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2006

Part4東洋医学で腰痛完治への道

腰痛治療第二ラウンドも、手順は先と同じ。

(゜ロ゜;ノ)ノ  ひ、ひぇぇぇぇぇっ!!! ←やっぱり怖がっている様子

「力を抜いて、息を吐くべし吐くべし・・・・よいしょっ!」

ボキボキッ!

「今一度、....よいしょっ!」

ボキボキッ!....って、まるで指の関節を鳴らすが如く、腰から音がする。

「今回は首尾よく出来たようじゃのう。そなたの場合、長年腰椎の配置が異常であったようであるからして、恐らく2-3度は治療が必要であろう。」
ふつうは長年の治療が必要な腰痛が、2-3回の治療で治るのか?
「突然背骨を治したのであるから、しばらくは筋が痛むであろう。秘伝の軟膏を授けるゆえ、よく塗っておくべし。」
これって筋が痛むというより、無理な格好をした筋肉痛じゃないのか???

というわけで結構体力的にはしんどい治療だったのだが、結局、3回の通院で腰痛は完治したのだった。しかも、昔は姿勢が悪かったのに、今はちょっと背筋が伸びたようだ。

「そなたはこれで大丈夫であろう。これからは、元に戻らぬよう気をつけることじゃ。秘伝の技を授けるゆえ、よく励むべし。」

へいへい、どんな特別な技なんでしょう?

「腰がだるくなったら、反り返るのじゃ。」

おいおい、それだけかよ!
しかしこれが意外にも効果があるのだ。腰がだるい→腰に負担がかからないようにする必要がある→体重を支えている背骨を整える→反り返って背筋を伸ばせば良い ということのようだ。

こうして腰痛は完治し、すっかり快適な生活を取り戻した(というより快適な環境を新たに得た?)のだった。

ところが....(つづく)


当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。なんとか5位に浮上。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

親HPセグロジャッカル'sの世界旅行も宜しくお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

October 15, 2006

Part3東洋医学で腰痛完治への道

腰痛治療に向かったせグロは、まさに治療を受けようとしています。
「では始めるぞよ。」

(゜ロ゜;ノ)ノ  ひ、ひぇぇぇぇぇっ!!!(←怖がっている様子)

ではここで、私が何故悲鳴をあげているのか、説明しよう。
①先生は、柔道の投げを打つ体制。
②投げを打たれる体制なのは、私。
③ただし、私は反り返っている。
ということで、ずいぶんアクロバティックで無理な姿勢であることはわかってもらえるだろう。

「力を抜くべし、抜くべし....」

ちょっと待て、腰に全体重が掛かる体制なんて、いててててて・・・・・ってどうやって力を抜けっちゅうんじゃ!
暫くして地上に降ろしてもらったのだが、

「そなた、全身がこわばって居るのう。これでは治療にならん。やり直しである。次は必ず力を抜くのじゃぞ。」

というわけで、先生の体力回復を待って、やり直し。なるほど、だから疲れる治療なんだ....夕方を避けたい気持ちが漸くわかったのだった。

次回に続く


当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。浮上のきっかけがつかめないですねえ。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

親HPセグロジャッカル'sの世界旅行も宜しくお願いします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2006

Part2東洋医学で腰痛完治への道

腰痛治療のために、知人が紹介してくれた名医に赴いた。

医院は裏通りの目立たない建物に入っているのに、患者さんが何人か待っていた。実はここは健康保険がきかないので、結構値段は高いのだが、それでも繁盛しているということは、やっぱり評判がいいからなのだろう。暫く待って私の番がまわってきた。

先生は、暫く私の背骨や周りの筋を押して調べていたが、やがて「うむ」と一言。どうやら原因がわかったようだ。骨格標本を指し示して説明が始まった。
「そなたの第○腰椎が一寸ずれておる。そのため付近の神経が圧迫され、腰痛になっておるようじゃ。幸い、ヘルニアにはなっておらぬので、その部分だけ元に戻せば治る。」
なんと明快な説明。では早速治療してもらうことにしよう。

「ところでそなた、体重は何キロであるか?」
なぜここで唐突な質問?えっと、本当は64キロだけど、ちょっと鯖読んでおくか。というわけで62キロです!
「であれば料金は4,000元であるな。60キロ以下の場合は3,000元であったのじゃが。」
ひえ~それならあと2キロ、鯖を読んでおくんだった....
しかし体重が関係するとはどういう治療だ?
「なお二度目の治療からは一律500元である。」
これが、せめてもの慰めということか。

さて、そんなこんなで漸く治療開始だ。奥に大きなベッドがあるので、そこで治療かと思いきや、
「靴を脱いで、この台の上に立つべし。」
ここで助手が登場。「私が支えますから、怖がらないでください」とのこと。
へぇ、怖い治療なんだ....
「では始めるぞよ。」

(゜ロ゜;ノ)ノ  ひ、ひぇぇぇぇぇっ!!! (←怖がっている様子)

次回に続く

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。また、際限なく落ちてしまいました。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

親HPセグロジャッカル'sの世界旅行も宜しくお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 24, 2006

Part1東洋医学で腰痛完治への道

10年程前から肩こり腰痛が持病だった私。台湾は日本よりもマッサージが安くでできるので、日本に居た頃よりは快適な環境になったが、やっぱり疲れたときなど辛いことには変わりない。東洋医学の力で完治させることは出来ないかと思っていたところ、なんと知り合いの台湾人(中国語の先生)が、名医を知っているとのこと。善は急げということで、さっそく治療してもらうことにした。

さすがは名医らしく、知っている人の紹介でないと診てくれないとのことだったので、先に電話。えっと、○○さんの紹介で電話したのですが、明日の夕方あたり腰痛治療してもらえませんかねえ?
「物には順番というものがあってのう、夕方は腰痛治療はしないことになっておる」(注;原文はもちろん中国語)
いや、でもサラリーマンなので、夕方か休日ということでお願いしたいんだけど・・・・
「体力的に問題があるのじゃが、仕方あるまい。では医院までまかり越すように。」
患者を増やしたがらないとは、さすがは名医だ。しかし、先生が疲れる治療とは、いったいどういう治療なんだろうか?期待と、一抹の不安を抱え、いざ現地へ。

次回へ続く。(全何話になるか未定です。)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。ちょっと目を離しているうちに、6位になってしまいました。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

親HPセグロジャッカル'sの世界旅行も宜しくお願いします。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

July 25, 2006

ダイエット途中経過

いまだダイエット中のセグロ嫁です。ちょっとね、成果がありましてね。体重が開始から2kg減ったんですよ。わーい♪お腹周りもスッキリし、ズボンがちょっぴり緩くなりました。野菜中心の料理を作って、水分を多めに摂って(デトックスってヤツ?)、先週末からウォーキング(1日30分)を始めただけなんですが。3kgも太るなんて、如何に日本で暴飲暴食、運動不足の日々を送っていたかが垣間見れますでしょ?(反省)。ウォーキングはサボらないように、夫婦2人でやってます。ダンナは嫁の体重増加に危機感を覚え、嫁はダンナの運動不足を憂慮し・・・お互いに相手に運動させようと、サボらないような仕組みになっております。これは使えますよ(笑)

あと、日本で骨盤のズレを治すクッションっていうのを購入しました。有名じゃないですか?骨盤体操とか。座っているだけで、ズレを治し、挙句に体重まで減らしちゃう、という夢のようなクッション・・・そんなウマイ話があるわけないじゃないかっ!と思いきや、誘惑に負け、通販で即購入。スーツケースには入らなかったので、実家から別便で送ってもらい、先日到着致しました。箱を開けて取り出すなり、ダンナが一言。「オマエ、痔(ぢ)、やったん?」「えっ?」そうなんです、このクッションはドーナツ型。まさに痔の人が使うアレ、そっくりだったのです。セグロ嫁、弁明。ダンナ、理解。。。台湾の隣人の皆さま~、これは骨盤矯正クッションですよ~。見ても誤解しないでくださ~い。(声を大にして言いたい)2kg減にはこのクッション効果もあるのでしょうか?まだわかりましぇん。(おしまい・Youmei)

ダイエット報告 -2kg減(あと1kgだ。頑張れ、セグロ嫁!負けるな、セグロ嫁!)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。皆さまのおかげで1位獲得することが出来ました♪感謝、御礼!お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 18, 2006

ダイエット大作戦!

またまたご無沙汰してしまいました。セグロ嫁です。日本での様々な用事を終え、昨日台湾に戻って参りました。3週間ぶりにダンナとご対面したわけですが、この感動的であろうシーン、まさにこの時、ダンナが発した一言にわたくし、正直凍りつきました。。。ほっぺの肉をつまみながら「なんか感じ違うぞ・・・」おぉ~イカン、バレているではないかっ?! ダンナは私が太ってしまったことにいとも簡単に気づいてしまったのであります(汗)「髪の毛切ったから雰囲気違うのとちゃう?」などと弁明したものの空しく、「いや~そういうことじゃなくて。絶対おかしい」追及を休めないダンナ。嫁、白旗。。。そうですよ、そうですとも。人生最大に太ってしまいましたともさ。日本での飽食の生活は着実にわたしを蝕んでいったのであります。

「明日から一緒に運動しようか?」そう提案してきたダンナ。ダンナも体脂肪が気になり始めてるし、ちょうどいいかなどと考えておりましたら、ダンナすかさず、ダメ出し。「だってこれはもうほっとけない・・・」ぎぇー、そんなにきてますか?わたくしのボディライン?改めてことの重大性を認識致しました。実は今月末ベトナム行くんですよね。痩せないとオーダーの服作らせないとか、お料理をお腹いっぱい食べさせないとか・・・そういう攻め方できたか・・・これはピンチ!セグロ嫁ここに宣言いたします。2週間以内に3kg、痩せます!(公言していいのか?)先日、獣医さんにおデブのレッテルを貼られたリンリンと共に頑張りマッス!(おしまい。・・・っていうか変化があったら実況します。Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。気分も新たに頑張ります♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 26, 2006

台湾で手術の巻(後編)

さて、手術当日。脚の手術ですし、帰りのことも心配なので、ダンナに付いてきてもらっていざ出陣!いきなり手術室に向かいます。説明を受けて、服を着替えて、手術室の中へ。手術室のあの雰囲気、やっぱり嫌ですよね~。上には大きなライト、ハイテク機器の数々・・・無機質なんだよなあ。手術台に載せられたセグロ嫁はもう緊張で、血管切れそうでした。(これから切るのに切れたらイカン)それに比べてまして助手の先生、看護婦さんのリラックスモードといったら。先生が来る間の待ち時間、すっごい普通の会話で盛り上がっているではありませんか?!「昨日行ったレストランがね・・・」「誰々がこんな面白いこと言ってさー。ははは」大爆笑の渦。君ら、OLの昼休みかー!ってツッコミを入れそうになった程です。人が緊張の面持ちで横たわってるのにさ(怒)

なかなか来ない先生を待つ長い長い時間。私の緊張を察してか、今度は私に話を振ってきた彼ら。日本人だとわかると今度は興味津々に質問攻め(笑)やんややんや結構楽しかったです(日本じゃまずないですよね?)小一時間も話した頃でしょうか、ついに敏腕医師登場!思わず「ぎょえー」って叫んだほど激痛の麻酔を何気に打ち、華麗なメス裁きでさくさく切って、縫合含めてなんと10分!こうして私の手術はいとも簡単に幕を閉じたのです。心配した帰りですが、ダンナの肩につかまって・・・いえいえ、普通にとっとと歩いて帰りました。麻酔がたっぷり効いていたもんですから(笑)その後で切れるであろう、麻酔の恐怖も知りもしないで・・・帰り、景気付けに韓国料理のランチなんか食べて帰宅しましたとさ。めでたし、めでたし。これにて手術の巻、完結。えっ、今の傷の具合は?ですって?なんか根性で治ってきましたよん(笑)根性~♪根性~♪ド根性~♪(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。おかげさまで2、3位をデッドヒート中♪お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

台湾で手術の巻(前編)

ちょっとスプラッタな話をしていいでしょうか?去年、チャレンジャーにも台湾である手術を受けたんですよね。小さなしこりみたいなモノが脚に出来まして、それを切除する手術でした。手術自体は簡単なもので、傷口も3cmくらいとミニサイズ(一応縫いましたが)。その傷口が、な、なんとこの度パックリ開いちゃいました。あはは(笑っている場合ではない)。なんか通気性が悪くなるとダメみたいなんです。今年2月ケニア旅行から帰った時も、無理がたたったのでしょうか?パックリ!その時は自分で消毒して、バンドエードを貼りまくって、根性で完治したのであります(笑)しかーし、またもやの出来事に少々ヘコみ気味。。。しょぼーん。今日も蒸れないようにして、せっせと消毒に励みまする(やっぱり根性で治すつもりか?!)。でも一回縫った傷口ってこんなに簡単に開くものなんでしょうかね?

一年前、行きつけの内科の先生に紹介してもらって、大病院の外科の門を叩いた私。診察室で見たものは、順番を無視して入ってくる患者さんたちでした。予約も何も、プライバシーも何もあったもんじゃない(笑)たぶん患者さんが多すぎて、それをなんとかこなすために診察室に何人も入れるシステムをとっておられるとは思うんですが(汗)外科だけに時にすっごい流血してる人とか大怪我の人とかも運び込まれてきます。おっかないこと、この上なし。先生は天才外科医にありがちなのでしょうか、口数が少なく、モゴモゴ話すタイプ。説明が聞き取りにくいのなんの(笑)それでもなんとか診察を経て、手術に挑むことを決意致しました。それから日を改めまして手術・・・手術の模様は後編をお楽しみに~♪(つづく・セグロ嫁)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。おかげさまで3位に浮上しました。お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (0) | TrackBack (0)