July 23, 2006

中検準1級、玉砕。

今年になってからというもの、セグロ嫁にはある野望がフツフツを湧き上がってきました。それはズバリ、中国語学習の成果を出すことであります!台湾に来てからずーと習ってはいるものの、「どれだけ出来るの?」と訊かれた時、なんとお答えしたらよいのやら。返答に困るんですよね。そこでここらでいっちょ力試しと申しましょうか、目標を掲げると申しましょうか、今年はザ・検定イヤーにしようと目論んだわけなんです。

中国語でメジャーな検定と言えば、中国語検定。英検ってあるじゃないですか?あれと同じように考えてくださって結構。級別になっていて、ヒアリングと筆記試験で合否を判定するっていうあれですよ。実は3月に密かに2級を受験し、それはおかげさまで合格。しかーし、6月の準1級はというと、、、見事玉砕でありました(あ~れ~)。だって言い訳がましくなりますが、ヒアリング、筆記共に75点以上取らないとダメなんですよ。倍率で言えば10倍の難関!! ちなみに神戸会場で受けたのですが、受験者約20名。なぬー、倍率からいうとこの中で2名しか受からないってコト?! 試験会場で固まる私。。。問題も難しいのなんの。中国語作文の中にこんなフレーズが・・・「団塊の世代の人たちは・・・(以下長文)」団塊ってどう訳すんじゃい?またまた固まる私。。。ヒアリングも筆記もウキャー!(ただ長文読解の問題がジャッキーチェンの半生みたいな文章で楽しめました)。そんなこんなで今回は撃沈されましたが、まだ受験者平均点をクリアしてたことがせめてもの救いであります。セグロのモットーは夢は叶えるためにある。そうさ、いつかは必ずやってやるさ!(何がそこまでさせるのか?)決意を新たにしたセグロ嫁なのでした。。(おしまい・Youmei)

ダイエット報告 -1kg減(あと1週間で-2kgはちょっと苦しい?)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。皆さまのおかげで1位獲得することが出来ました♪感謝、御礼!お気に召しましたら、ココをポチっとお願いします


| | Comments (17) | TrackBack (0)

December 12, 2005

検定マニア?!

みなさん、週末はどのようにお過ごしだったでしょう?セグロ嫁は『ザ・検定ウィークエンド』を過ごしておりました。えっ、なんの検定ですかって?それはもちろん中国語関係です。最近も学校には通っているんですが、ヘタに年月を重ねて行くうちに、ふと「このままでいいのだろうか?」と密かな疑問が湧き上がってきたんですよね。いま、私が中国語を武器に仕事を探そうとしても、はてさてどれくらいの実力なのか、証明できるモノが全くないワケです。検定はもうかれこれ1年半前に受けたのですが、それっきり・・・焦ったセグロ嫁は検定オタクと化し、近々台湾で受けられる試験を探しました。すると、TECC(中国語コミュニケーション検定)と台湾の中国語検定がヒット。問題はこの2つが同じ週末(土・日)にあることなんですが、ここはいっちょ両方受けることに決めたのでした。

さて、まずは台湾の検定。緊張した面持ちで試験会場に臨むと、なんと受験者が15人くらいしか居ませんでした(汗)中部・南部地区だからっていっても有り得ない。。。この試験っていったい?試験会場にも案内らしきモノもなく、ぴゅるぴゅる~。ちょっぴり拍子抜け。それでもなんとか気を取り直してこなしました。続いて日曜、TECC。これは台北まで受けに行ったので一日仕事だったんです。朝8時に出発して、1時から3時までの試験をこなし、とんぼ返り、7時に台中に帰宅。聞いただけでも怒涛の一日でしょう?試験もまたすっごい量の問題だったんですよ。セグロ嫁、くたくた~ふらふら~。友達にも「なんか資格マニアとかみたいじゃない?」ってツッコまれてしまいました。(それじゃまるで関係ないのに危険物取扱者の資格とか取る人みたいじゃないの・笑)まあ怒涛の週末、完全燃焼。結果はどうであれ、参加することに意義がありますよね?きっとあるはず。(自分で納得)(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
知らず知らずに5位までUP♪どこまで行けるのかっ?!お気に召しましたらポチっとお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2005

「小悪魔」について

今、学校で使ってる教材が新聞のコラムなんです。中国語で書かれたコラムを読んでいくんですが、この間面白い記事がありました。それは「小悪魔」について。日本在住の有名(?!)台湾人が書いたコラムで、日本では小悪魔、魔性の女が大モテという内容でした。それは確かにうなずけます。そうでしょう、そうでしょうとも。しかし、ここからが問題。あまりにモテるので、一般の女性達、みんなが小悪魔・魔性の女を装うように努力していると書いているではありませんか?! 学校の先生は40歳の女性(もちろん台湾人)なんですが、この記事に興味津々。日本人である私達にさまざまな問いを投げかけてきました。

まず1つ目。「小悪魔って何ですか?」中国語にはこういう単語はありません。そんで持って「魔性的女」という単語もありません。(ちなみに中国語では「壞女人」といいます。壞<ファイ>は悪いという意。まさに読んで字のごとく、そのままやんっていう単語です)まあそれは置いといて、「ミステリアスな魅力で惹きつけ、男の人を弄ぶ女。んでもって可愛い。」と一応説明しておきました。先生は最初、小悪魔と聞いて「小さい悪魔?」と思われたそうです(笑)それから魔性の女は「妖術使い系?」って(笑)

1つ目はクリア。しかし次なる質問・・・「日本ではみんなが小悪魔を装ってるの?」日本を離れて4年も経ちますし、日本の状況を把握していると言えばウソになりますが、この点はわたくし否定しておきました。「小悪魔とか魔性っていうのは天性のものなので、マネしようと思ってもできないと思います。しかも全ての男性が小悪魔を好きっていうわけでもなく、全ての女性が小悪魔になりたいわけでもありません」とも。台湾では、恋愛方面において日本は非常に開放的だと考えている風潮があります。だからきっと先生も日本は小悪魔だらけ、恋愛に対してツワモノ揃いのスゴイ国かも・・・と思われたんでしょうね。以上、小悪魔をめぐる授業中のお話でした。(おしまい・Youmei)

当サイトはブログランキング『ranQ』に参加しています。
もしお気に召したら、ポチッとお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 06, 2005

中国語カンバック~!!

またご無沙汰しちゃいましたね。・・・というのも旅行から帰ってそうそう、この月曜日から語学スクールの授業に復帰いたしまして、忙しかったのです。家事は溜まってるし、毎日学校行って、授業の予習に追われて・・・。実は2週間前から学校はスタートしていることもあって、なかなかクラスメイトの速度に追いつけなーいのであります。しょぼん・・・しかも、ここしばらく中国語に触れていない生活を送っていたもので、(ギリシアでは出来ないながらも英語でモノを考えていました)会話の折、中国語の単語がとっさに出てこないときたもんだ。これは由々しき問題。。。

しかーも、聞いてくださいっ。当然授業で扱う教科書は決められていたんですが、一時間目は実際に新聞に載ってるコラム(有名小説家執筆)を読む、日本で言うなれば村上春樹が書いたコラムとか、そういう感じですか。二時間目は近代短編小説を読む、日本で言うなれば夏目漱石とか川端康成とかの小説なんですよね。難しいー。もう正直アップアップです。わからない単語多いゾー、しかも辞書にも載ってないのもあるゾー、窓に向かって叫びそうなセグロ嫁・・・もう脳みそが溶け出しそうです。。。

でもやるっきゃないっ!!(古かったですか?)ですよね?とりあえず頑張ってみます。なのでブログの更新が停滞してもお許しくだされ~。わたしの中国語力よ~、カンバック・プリーズ(遠い目)・・・っていうか、急に学力上がらないかな~。上がんないよなあ~。(おしまい・Youmei)

P.S またギリシアのエピソード3部作をブログでご紹介しますね。旅行記はセグロわかだんなが執筆中。請うご期待!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2004

化学超男子

はじめまして、Youmeiです。私用で10日間ほど日本に帰っていたのですが、昨日無事帰台しました。
本日blogデビューです。(緊張)

最近つくづく思うんですが、3年近くも住んでると、だんだん自分が台湾人化してきたように思います。
昨日の話で言えば、中正国際空港に着いた時、ド派手な看板を見た時、なんだかホッとする自分がいました。

看板に書かれている繁体字(中国大陸で使われている簡体字ではありません)になんの違和感もない自分。

「超級市場」、「便利商店」。これって何かわかりますか?正解は「スーパーマーケット」、「コンビニ」。
こんな漢字が街中に溢れています。(※どうでもいいことですが「スーパーサイヤ人」は「超級賽亜人」となります)

これは英語(もしくは日本語)からわざわざ直さなくても、と思ったものも数知れず・・・
最近では「スパイダーマン2」でしょうか?「蜘蛛人2」になってました。(まるでホラー?!)
「ケミストリー」は「化学超男子」。「モーニング娘。」は「早安少女組」・・・

「ラストサムライ」は「末代武士」。
じゃあ、今売り出し中の「ギター侍」が台湾に進出したら、「吉他武士」(※吉他は中国語でギターの意)???
なんて思う今日この頃です。

またこういうものを紹介しますね。とりとめ無くてどうもすいません(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)